スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
オリオン座2回目
カメラD5000の設定をいろいろ見直してリトライ。オリオン座がさらに鮮明に撮影することができた。肉眼でここまでの星の数をとらえることはできないが、30秒露光(とPhotoshop)によって浮かび上がる。

DSC_4710=2.jpg

これまで星空にさして興味がなかったのだが、見えないものが見えてくると覗き見根性(誤用)が湧き上がり、撮影対象のオリオン座だけではなく、周りの星座も調べてしまう。まずは「ふたご座」と「おうし座」は覚えた。しかし肉眼では、アルデバランといった強く光る恒星しか認識できない。ではこの写真のように撮影したらどうか?すると今度は星が多すぎてしまい、どの星が星座を構成しているのか見当がつかなくなってしまうのでもどかしい。

天体撮影を調べていて興味深かったのが、星の動き。一見、星が夜空を動いているように見えるが、実は地球が回(ry星の動き。たかだか露光時間30秒の天体撮影であっても、写真を拡大すると星の軌跡を確認することができるのでスッキリ撮れない。でも星を撮るには露光時間を長く取りたいというジレンマ。そこで出てくるのが赤道儀という機械。この道具は星を自動追尾する機能があるため、まるで星の位置が変わっていないかのように撮影することができる。星の撮影にかける情熱が素晴らしい。

---
でもね、これを使えば星の移動を気にしない上に、24時間365日、南半球の星空ですら撮影できるよ!

---

[2011/12/23 08:20] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
オリオン座を撮って見た
前回の皆既月食の時、そこそこ頑張って写真を撮ってみたのだけれど、ブレているのかフォーカスがあっていないのか、スッキリとした写真ではなかった。

どうして上手く撮れなかったのだろう?他の天体撮影系のサイトでは、同じニコンのD5000を使っていても、見たこともないくらいの星空を撮ることができている。

皆目見当がつかないので、思い切って観測所雑記帳というサイトに、星空撮影のための方法について聞いてみた。こちらのサイトでも、同じD5000を使って撮影していたからだ。

僕のグダグダ丸投げな質問に対してすぐにコメントを返してくれて、まさに知りたかったことを1から教えてもらえた。デジカメの入門サイトまで誘導してもらい、熟読を繰り返す。

とりあえず星空の撮影に必要な道具はそんなに多くなく、三脚とレリーズ/リモコンがあれば十分なようで、あとはデジカメの設定次第らしい。(凝りだしたらいろいろ必要な道具はあるのだけど、STEP1としては不要)

さっそく撮った写真がこれ。クリックすると大きくなります。

yozora20111221.jpg

わんだほー!オリオン座はだいたいこのあたりだろ!と撮った写真。冬の大三角形やオリオン座の全体像を収めたりできていないので構図とかイマイチだけれど、夜空自体は想像以上にきれいに撮れた。小さい星まで撮れていて、ホコリがずいぶん付いていると思ってしまう。

あまりにきれいに撮れたので、うれしすぎてオリオン座を調べたのだけど、右肩部分のベテルギウスは、いつ超新星爆発してもおかしくないらしい。ちなみに爆発した場合、満月の100倍の明るさとなり、2週間くらいは太陽がふたつあるようなことになるんだってさ。2012年に爆発すると科学者が予言する記事を多く見かけたけれど、こちらはマヤ文明にひっかけた終末思想のようなものだと思う。

---
天体観測STEP2からは天体望遠鏡が必要です。、



---

[2011/12/21 23:15] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
皆既月食
12/10の夜は皆既月食だった。この写真は、触最大の23:30を少し過ぎた、45分頃のもの。

皆既月食

雲一つない夜空でよかった!夕焼けのように屈折された光のおかげで、月が赤く見える。特に今住んでいる越谷は、東京ほど街灯も明るくないので、夜空をきれいに見ることができる。

ニコンのD5000にレンズキットについていた望遠レンズを装着して、ミニ三脚をベランダの手すりを利用しただけの簡易的な撮影手段だったわりには、月光が明るいためか、あまりブレずに撮れた。以前、スーパームーンを撮ったことがあるけれど、このカメラはいい仕事するなぁ。[リンク]

次回の夜空のイベントは、12/14夜のふたご座流星群。こちらは天気が少し怪しい。。。

---

[2011/12/12 22:33] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
シギタツサワ
我が家のシンボルツリーとして、鴫立沢(シギタツサワ)を植えた。

kaede20111124.jpg


まだ大体50cmくらいの枝だから伝わりにくいけれど、葉っぱの葉脈が魅力。[画像]

西行法師
「こころなき身にもあはれは知られけり鴫たつ澤の秋の夕ぐれ」

湘南の大磯から藤沢・江の島のあたりの間で詠んだ歌らしい。
一説には藤沢市大庭や片瀬のあたりだとか。僕の実家のあたりだ。
そしてカエデとは「カエルの手」という意味から来たのだとか。
まさに我が家のシンボルツリーに相応しい・・・。

と、ここまで後付け。
ここまで計算してシンボルツリーに選んだわけではない。
偶然が重なっただけ。

シギタツサワを選んだ動機なんて、葉っぱがきれいだからというだけ。

(スタート)
シンボルツリー欲しいね
→実家では梅を植えていたよ
→桃の方が枝に付く花が多くてゴージャスに見えるよ
→白と赤の両方の花がつく、源平しだれ桃が最強すぎる
→でも桃の木の寿命は30年…生きているうちに枯れるorz
→しだれ桃じゃなくて、しだれ紅葉なら長生き!
→もみじを調べてたら「しぎたつさわ」が一番きれいだ
じゃあこれで。
(ゴール)

ところで「しぎたつさわ」は、カエデなのかモミジなのか。
カエデとモミジに分類学上では明確な違いはないらしく、
盆栽的には葉の切れ目の数や、切れ込みの深さで見分けるらしい。

楓の語源が「カエル手」ということであれば、
我が家のシンボルツリーには楓であることが相応しい。
だからこれは楓であるべき!!!

Googleで調べてみると・・・

シギタツサワ モミジ:1200件
シギタツサワ カエデ:988件

残念。ややモミジ説が優勢。。。
---

[2011/11/24 20:25] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
つ言った―
このブログで書いたかどうか覚えていないのですが、
Twitterもやってます。

http://twitter.com/#!/hylidaer

---

[2011/10/30 23:17] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
追伸*ガレット
本物のガレットを知らない子羊のために。





想像以上に、本物に近づいていたみたい。
むしろライスペーパーの方が美味しく見える。
---

[2011/10/26 22:27] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
初マラソンしてきました(ハーフ)
今年の春からジョギングを続けています。目的はダイエット。
この夏、目標としていた「前年比10㎏減量」をなんとか達成しました。
もうひとつ目標があって、それはフルマラソン完走!
人生に1度はフルマラソンを走り切りたいよねっ。
でもいきなりフルマラソンは無謀なので、
まずはハーフマラソンから挑戦することにしていました。

そして10月16日!
ついに初めてハーフマラソン大会に参加することになりました。

北千住で開催された、第40回国際タートルマラソン大会です。
正直、地元の人しか参加しないような、小さな大会だと思っていたのですが、
参加者12000人と、想像していた10倍以上の大会でした。
さすが国際大会と銘打つだけのことはありますね。
あまりにもの人の多さに、尻込みしてしまいます。
uo-ri-.jpg
この中のどこかに僕がいます。ウォーリーを探せ。

さて、涼しい時期なら20㎞なんて余裕だろ、とこの大会の参加を選んだのに。。。
とにかく暑い!10月だというのに30度近くまで気温が上昇。
当日朝まで降っていた雨のせいで、湿気もひどい。
そのため、大勢が熱中症になったというニュースになりました。
往路は「がんがんいこうぜ」で1時間を切るペースで走ることができたのですが、
復路、コースの端には熱中症で倒れた人がゴロゴロと。
「いのちをだいじに」に切り替え、無理せず歩いたりしちゃいました。
若いうちは熱中症で倒れてもカッコウがつくからいいよね。
でも三十路すぎたおっさんが、無理して倒れたら恥ずかしいんだよね。
結果、ハーフマラソンの記録は手元の時計では02:16:00でした。

初マラソンということでいろいろ役に立つ情報をまとめます。

まずスタートから10㎞くらいまで、自分のペースで走れません。
前をどんどん追い抜く必要があります。
人込みをすり抜けて走るので、神経と体力を消耗してしまいます。

プロのカメラマンが走っている姿を写真に収めてくれます。
で、それをネットから検索、購入することができます。
しかもゼッケン番号で検索することができるので、とても便利。
苦しそうに走っている姿やくじけて歩く姿をアルバムに残せます。
確実にアップで撮られたいなら、コースの端を走るといいです。

体力に余裕があるときは給水所で女性が差し出すコップを選ぶけど、
バテてくると、もうどうでもよくなります:-)。
これで自分の体力を客観的に判断できるよ!!

そんなわけで、次回もどこか別の大会でハーフに挑戦します。


---

[2011/10/19 22:47] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
アクセスカウンターを付けました
隠していたアクセスカウンターを表示するようにしました。
もうすぐ二万ヒットです。
最近サボり気味だったから、がんばります。
---

[2011/09/29 12:00] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
梅雨が明けましたね
梅雨が明けましたねー。海に行きたくなる季節です。
が、引っ越しのゴタゴタで、土日も思ったように遊ぶこともできず。
毎週末は家事と買い物できればいい方です。

最近はじめた、ダイエットについて。
平日はどうしても走る時間を取りにくいので、休日にまとめて走っています。
土曜日は朝5㎞、夜5マイルを走りました。
そして今日は夕方に10㎞+3㎞程度のウォーキング。

梅雨明け恐るべし。陽が強いせいか、まったく走れません。
なるべく日陰を選んで走っているつもりでも、
10㎞を走りきるのはかなりしんどいです。
5月には、10㎞低度ならいつでも走れたのに・・・。

IMG_0669.jpg

先週ですけど、ついに愛用のランニングシューズが壊れました。
なんか今日は走りにくいなーと思っていたら、靴底がこんなにべろんべろんに。
いちおう、瞬間接着剤を使ってリペアしてみました。
しかし少し走っただけで剥がれてしまい、年貢の納め時。
3か月も使っていないんだけどなー。

そして昨日、ついに新しい靴を買いました。
懲りずにナイキの、LUNAR SWIFTです。
ちょっと真面目にランニングシューズを買おうとすると、
1.5万円は覚悟しなくていはいけないのですが、
今回のようにあっさり壊れることを考えてしまうと、
ちょっともったいない。
結果、通気性重視で選びました。
意外と蒸れるんですよねー。

IMG_0676.jpg

走った後は、端麗グリーンラベルです。
世間的には、グリーンだよ!の愛称で呼ばれている
似非ビールですが、我が家では「痩せるビール」と呼んでいます。
奥の銀河高原ビールは嫁ちゃん用。
僕が発泡酒で、嫁ちゃんが地ビールなことについてですが、
別に家庭内の力関係とは関係がありません。

IMG_0675.jpg

あとどうでもいいんですけれど、
とても久しぶりに、のらくろをみかけました。
20年以上、見かけていない気がする!
やっぱ年寄りに訴えるキャラクターとしては、
のらくととか冒険ダン吉とか、少年倶楽部から
引っ張ってくる必要があるのかな。

---

---

[2011/07/10 20:48] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
新島に行ってきました2
3/10(金)の夜から3/12にかけて、新島に行ってきました!
新島は人気のサーフポイント、羽伏浦海岸があります。
地理的には東京都となりますが、
23時に横浜の大桟橋から大型客船さるびあ丸に乗って、
翌朝8時半に新島に到着する長旅になります。
天候はあいにくの荒れ模様。
乗船時に新島は天候不順の場合は港に着くことができないと言われ、
最初から波乱含みの展開でした・・・。

※着岸出来ない場合は、神津島まで連れて行かれ、Uターン。
 翌日18時に横浜に連れ戻されます(船賃は全額返金)

小雨よりも強い風が気になりつつ、無事に出航。
2等席に荷物を置き、さっそく甲板に出ます。
用意しておいたビールで、まずはジョンと乾杯です。
船の中には自販機もあるので、アルコールには困りません。
写真を撮ったのが縁で仲良くなった、学生の山ちゃんや、
酔った勢いで絡んだ外国人と、2時まで飲んで騒ぎました。
今から考えると、この時間が一番充実していた気もします。

senjou20110615.jpg

軽く酔っ払ったし、ぐっすり眠れるかなと思って自分たちの席へ。
しかし飲み過ぎの影響か、ここでまさかの船酔いに。
吐き気までいかないけれど、ゆっくり眠らせてくれない酩酊感。
何度もトイレにいったり、甲板で風に当たったりしたけれど、
一向に回復しませんでした。でもけっきょく眠気に負けて爆睡。

翌朝、大島到着のアナウンスに起こされました。
山ちゃんは大島を走って一周すると言っていたので
できれば見送りたかったのだけれど、残念でした・・・。

起きた後も船酔いがひどいので、風に当たりたくて甲板へ。
そこは船にぶつかる波の水しぶきでびしょ濡れになっていました。
甲板で寝ていたはずの外国人たちも、どこかへ避難したみたい。
こんなに海が荒れて船が揺れれば、誰でも船酔いするよなぁ。
でも付添いのジョンは物ともしていなかった。
意味もないところで頼もしいところがあるんだよね。

荒れた波だったので、新島への着港は困難かと諦めていたのだけれど、
予定通り着港するというアナウンスが流れ、安堵する。
もう少し頑張れば、陸に上がれる…楽になる…

hune20110615.jpg

朝09時。港の風はサーフボードを簡単に煽り、嵐のようでした。
港まで来ていたレンタカーに急いでサーフボードを積みこみます。
そして念願の、新島のサーフポイントへ出発!

sima20110615.jpg


つづく
---

[2011/06/15 21:52] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。