スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
地震酔い
相変わらず、東京では震度3程度の地震が続きます。
米などの食糧や、ティッシュなどの物資は手に入れやすくなりましたが、
ガソリン不足や計画停電による交通の混乱は当分収まりそうにありません。
原発そのもののトラブルもやっと前向きに進み始めましたが、
水やホウレン草から検出された放射性物質は、後を引くことになるでしょう。
が、僕としては一番不気味なのが、この地震です。
本日も、体感できる震度の地震が複数回ありました。

最近では「地震酔い」という言葉があるようです。
地震でもないのに、揺れているように感じてしまう症状だそうで、
気分を悪くされる方もいるとか。
僕も意識が敏感になってしまっているのか、仕事中でも、ふとした時に
体の揺れを感じてしまい、天井にぶら下がっている紐や
Yahooの地震速報を確認してしまいます。

jisin.jpg

そういったわけで、iPhoneに地震計アプリを入れてみました。
「地震計-iSeismometer」は縦横奥行きの3次元の揺れを感知し、
上記の画面のように出力されます。
感知した結果をメールで送ったりもできます。
これでどこにいても地震か勘違いか分かる!!
と思ったのですが、、、

さっそく仕事場で長い揺れの地震が起きている間に、
速攻でアプリを立ち上げて、振れ具合を試してみました。

が、震度3程度では、たしかに検知できるものの、
上記の画面のような大きな振れ方をしませんでした。
よーく見ると、確かに小刻みに動いているなーというレベル。
隣でキーボードを打っている振動の方が振れます。
で、震度3以上になると、こんなアプリを使わなくても
体感で確実に揺れていることがわかるんですよね。
というわけで、なんか消化不良なアプリでした。。。
---
地震計 - iSeismometer - ObjectGraph LLC
関連記事
スポンサーサイト

---

[2011/03/22 22:36] iPhoneアプリ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<天津飯のピークは魔封波に失敗するまで | ホーム | パスタの王様「ペスカトーレ」>>
コメント:
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://hylidae.blog.fc2.com/tb.php/90-487cf99a
| ホーム |
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。