スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
ストウブのアニマルノブをルクルーゼに取り付ける
海外の有名なお鍋に、ストウブルクルーゼがあります。

どちらもフランス製の鋳物ホーロー製品です。
ルクルーゼは色が鮮やか。そして丸みを帯びたデザインが、料理のテンションを上げます。
対してストウブは無骨で渋く、男料理専用って感じです。
機能的には大した違いがないようなので、我が家ではルクルーゼを使っています。
ルクルーゼのちいさなカップをもらうことも多かったので、なじみもありますし。

が、ストウブには隠された魅力があります。
それがこのアニマルノブ



鍋のふたの持ち手に付ける、ステンレス製のオブジェクトです。
カタツムリは微妙ですが、ニワトリがかわいすぎる。
これほしい!(カタツムリ以外)
使いたい!(カタツムリ以外)
でもストウブの鍋がない!
ストウブの鍋は軽く1万円を超えます。
持ち手(カタツムリ以外)のために鍋を買い替える勇気はありません。
アニマルノブも3000円前後します。

ならルクルーゼにストウブのアニマルノブを付ければいいじゃん(逆転の発想)。
・・・やりましょう。(孫正義)

やり方は簡単です。鍋とドライバーとアニマルノブを用意してください。
ルクルーゼの鍋のふたの裏を確認してください。ねじ式ですか?ねじでないとNG。
大きめのマイナスドライバーを使って、蓋から持ち手を取り外しましょう。
ラッキーなことに、アニマルノブのネジの穴と、ルクルーゼのふたのネジは同じ大きさです。
そして、奇跡のコラボレーション!

niwatori.jpg


なんということでしょう。
マルミットのオレンジのふたに、白銀のニワトリが現れたではありませんか。
鍋のふたはまるで、朝焼けで照らされた大地のよう。

もうの鍋を使わずに、鳥料理をつくれません。トリ専用ルクルーゼです。
ココット・オーバルには魚の持ち手が似合いそうですね。
カタツムリの存在意義に疑問を持っていたのですが、エスカルゴの国の鍋だから、
当地の人にとっては調理器具に馴染む生き物なのかな。




注意)ニワトリは加熱によって熱くなるようです。持つときに注意。
関連記事
スポンサーサイト

---

[2011/02/06 10:51] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<チキンカチャトラ | ホーム | 彼ごはん1>>
コメント:
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://hylidae.blog.fc2.com/tb.php/3-1dbd6478
| ホーム |
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。