スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
今年のバラの様子
おひさしぶり。ブログ復活を宣言しておきながら、身の回りのいろいろな変化に対応しているうちに、いつのまにやらすっかり春。そんなわけなので、まずは去年から育てているバラの近況をお伝えしようかと。

我が家ではバラを3種育てている。そのうち2つが育ちざかり。玄関のそばに鉢植えのピエール・ドゥ・ロンサールという白ピンクのバラ、庭にはアンジェラという濃いピンクのバラで、リンク先はそれぞれ去年の10月ごろの様子だ。つるバラなので、寒くなるころにフェンスなどに茎を誘因した様子をブログに残していた。

そして下の写真が今年の春、冬にいちど葉が落ちた後、やっと芽が伸び始めた。

まずはピエール:去年はアーチに茎を這わせていたけれど、今年は手前のフェンスにも這わせてみた。ここをバラ一面にするのに、あと3年くらいはかかるのだろうか。


こっちはアンジェラ:フェンスいっぱいに葉が広がった・


まだ小さいけれど、花芽もついている。



やっと1年間の我慢が報われて、大きく育って咲いてくれようとしている。みずみずしい若葉の緑は目に染みる!バラはイメージ的に育てるのは難しそうといわれるけれど、ほかの観葉植物とあまり変わりがない。我が家のピエールは鉢植え・AMしか日光が当たらない・冬は寒いと過酷な環境であっても、それらを物ともせずに大きく育った。夏場に毎朝水を上げるのと、月に何度か殺虫スプレーをかけるぐらいの手間でこんなに育つのだから、僕からしたらサボテンよりも育てやすい。

もしベランダに小さなスペースが空いているなら、バラ栽培に挑戦してみてはどうでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

---

[2013/04/07 15:09] いきものわいわい | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<沖縄に行ってきました | ホーム | 啓蟄>>
コメント:
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://hylidae.blog.fc2.com/tb.php/252-558e6a76
| ホーム |
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。