スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
ベルギービール
我が家はコストパフォーマンス重視で、「土日の晩酌にはワイン」と決まっている。安くて美味しいデイリーワインを1本買って、一晩で飲み切るのが週末の楽しみだ。他にもバーボン、日本酒、焼酎なども飲むことはあるだけれど、1日で空にするには量が多いし、どれだけ飲んだのか酒量がわかりにくい。ワインの場合は、1度空いてしまえばそれ以上飲みようがないので、酔った脳みそでもわかりやすい。一方、ビールの方はというと、お腹が膨れるだけで飲んだ気にならないし、数本買うとワイン1本と同じ値段になってしまうので、ほとんど飲むことはなかった。

ところで越谷は未開の地なので、よそ様をもてなせる美味しい店がないと思っていたのだけれど、ちゃんと探せば見つかるもので、最近では越谷駅前のガーデンカフェCamdenカムデンがお気に入り。というか、今のところ越谷で唯一のお店。この店の魅力は店内のアートな雰囲気や手作り陶器に盛られたタコライスも良いが、なんといっても世界各地のビールが飲めること、特にベルギービールに尽きる。産まれて初めてベルギービールを飲んだのだけれど、一口にベルギービールといっても何種類もあり、それぞれの銘柄によって個性的な異なる味を楽しめて面白い。何よりも興味深いのが、ビールのブランドによって専用のグラスが存在することだ。

bi-ru20120617.jpg

このビールは僕が特にお気に入りのCHIMAY(シメイ)専用のビールグラス。聖杯型と呼ばれ、僕のこれまでのビールグラスのイメージを根底から覆してしまった。シメイはトラピスト会の修道院で作られたビールで、トラピストビールと呼ぶそうだ。この聖杯型のグラスは、キリスト教の儀式で用いられるワインを入れる聖杯を模しているらしい。グラスも気に入っているけれど、もちろん味も美味しい。独特な香りも良い。あまり冷やして飲むと味が薄まる気がするので、ちょっと常温で落ち着かせてから飲むのが基本だ。

カムデンではシメイの他にもベルギービールのDuvel(デュベル)とかhoegaarden(ヒューガルデン)などなどを飲むことができるが、僕はシメイのブルーが一番のお気に入りのため、ついついこのグラスを購入してしまった。この記事の最後に楽天のリンクを張ったけれど、ホワイト・レッド・ブルーの3種類のビールとグラスがついて1700円ちょっと。グラスまで付いて、味比べもできるお得なセットだ。

他にも面白いビールグラスが存在するのでいくつか紹介する。
これはパウエルクワックのビールグラス。これもベルギービールのひとつだ。赤坂のレゼルブというお店で飲んだ覚えがある。馬に乗りながらでも飲みやすいように、グラスに取っ手がついたらしい。それにしても洗うのに一苦労しそうだ。と思ったら専用ブラシが存在した。このグラスは、グラスだけでテンションが上がる。




リンデマンス専用のグラス。これもベルギービールで、カシスやブルーベリーの香りづけがされている。このように果物の香りづけをしたビールをけっこうみかける。キレとかそういう日本ビールらしいものが欠如しているため、ビールとして飲むことができなかったが。





さすがに毎週のようにベルギービールを飲むわけにはいかないので、代わりに発泡酒をシメイのグラスに注いで飲んでます。
---

---

テスト
関連記事
スポンサーサイト
[2012/06/17 10:27] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(2) |
<<おたまじゃくしを飼おう! | ホーム | 大収穫祭>>
コメント:
あたいはヒューガルデンホワイトが好きだなー。
[2012/06/17 21:52] URL | といこ #-[ 編集] | page top↑
ヒューガルデンホワイトも美味しいよね!
遊びに来たら出すよ!!
[2012/06/21 21:28] URL | 三青日月 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://hylidae.blog.fc2.com/tb.php/227-2feaed03
| ホーム |
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。