スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
サバの味噌煮
魚の中ではサバ、特に文化干し、もっというと生協で売っていたものが一番好きだ。生協から文化干しが消えたときの絶望感は今でも覚えている。とうきゅうだかプラスだかで売っていた文化干しは何かが違った。それくらいサバに愛着があるのだけれど、これまでサバの味噌煮だけはダメだった。なんか見た目が不味そうなんだよね。缶詰に入ってるのがあるというのも印象悪い。僕は見た目が不味そうor汚いのは口にしない主義なので、韓国料理とか混ぜたりするもの、サバの味噌煮など、生理的に受け付けないものが多い。我が家では煮魚があまり出てこなかったのも幸いし、ほとんど食べる機会がなかったのだけれど、先日、嫁ちゃんのおばあちゃんからサバの味噌煮のおすそ分けを頂いた。こんな気味の悪いものを食べたくないと思いつつも、感想を聞かれたらまずいという恐れから、一口つまんでみたけれど、うまい!なんという美味しさ!生姜が効いて、ごはんがいくらでもいける。やはりサバは偉大だったんだ!

そんな感じで、自分でも作ってみたくなったので、栗原はるみのレシピで作成[レシピ]。「ごちそうさまがききたくて」といったレシピ本を最近買ったのだけれど、おふくろの味のような定番料理のレシピは、やっぱりおばあちゃんのレシピでないとね!という安心感があって良い。サバの味噌煮をSHIORIとかケンタロウといったような若い料理研究家のレシピで作る気にはならない。

sabamiso20120311.jpg

そんなわけで、納得のサバの味噌煮が完成。いろいろな調味料を合わせてサバを煮込むだけというお手軽レシピ。サバはもうちょっと大ぶりに切った方が、盛り付けがキレイだったかもしれない。食べやすさを重視してしまった。それにしても美味いなあ。今までの分を取り戻すために、週1で作りたい。
関連記事
スポンサーサイト

---

[2012/03/11 10:50] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<あまおうのイチゴのケーキ | ホーム | 豚汁問題>>
コメント:
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://hylidae.blog.fc2.com/tb.php/219-c72a8a51
| ホーム |
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。