スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
すき焼き再び
僕の両親はこのブログをチェックし、僕の日常を監視している。

前回、ブログにてすき焼きの記事を書いた後のこと。[link]ルクルーゼの鍋を使って煮込んでいる写真を掲載したおかげで、その和洋折衷、しかしオレンジの鍋が目に染みるからやや洋が優勢!のすき焼きを両親は嘆き悲しみ、すぐに「南部鉄器のすき焼き鍋、贈ってあげようか?」と嬉しい申し出があった。

・・・計算通り(にやり)

僕は本物嗜好なので、こんなルクルーゼ鍋ではなく、南部鉄器とか、むしろ鋤の上で牛肉を食べたいくらいなのだ。ルクルーゼのすき焼きなんて、文明開化が行き過ぎている。

さてさて、さっそく南部鉄の鍋を贈ってもらった上に、肉がなければ鍋の使い方が分からないから牛肉も買ってくれと駄々をこねて、霜降り牛肉もゲット。しめしめ。この肉、まるで脂の豪雪地帯やー。

sukiyaki20111219.jpg

そしてようやく、すき焼きのリベンジを果たすときが来た。前回の反省を生かし、しらたきをレギュラーから外す。(お腹一杯になってしまい、食べられなかった)これまで毎日のように散々すき焼きを食べてきたけれど、そもそも汁を吸うだけになりがちな「しらたき」の存在が許せなかった。麩と同じくらい許せない。麩は実家生活時代に出禁にした。しらたき、すき焼きの味にどれだけ貢献してるの?そんな僕の問いに、しらたきはただ沈黙を続ける。

裏ではこんな激しいレギュラー争いもあったが、無事にすき焼き祭りを執り行った。100gチョメチョメ円の牛肉、和食最高峰の料理にふさわしい!牛肉をもっともまずく食べる料理だとも言われてはいるけれど!でもあれだ、贅沢に慣れるというのは恐ろしいな。慣れたことはないけれど、恐ろしいってことだけは薄々気が付いていた。身に染みてわかりたい気持ちもある。しかしストップ、霜降り。今度から赤身にしよう。質より量だ!霜降りは余所でごちそうになる時だけにしよう!

北大路魯山人がいうには、すき焼きには赤身の多い肉を使うのが鉄則らしい。魯山人もなかなかの怖がりだったんだね!

---
次はこの鍋、買ってほしいんだけど!>かーちゃん
関連記事
スポンサーサイト

---

[2011/12/19 22:29] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<オリオン座を撮って見た | ホーム | 結婚式に行ってきました>>
コメント:
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://hylidae.blog.fc2.com/tb.php/199-e9d5ca66
| ホーム |
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。