スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
ゆで豚とグラタン
ケンタロウの男子ごはんで、バレンタインで作る料理ということで紹介されていた「ゆで豚オニオンジンジャーソース」と「ポテトクリームグラタン」が美味しそうだった。久しぶりに番組を観た後すぐ作ってみた。豚肉を茹でている間に、オニオンソースとグラタンにサラダを作って、最後に盛り付けておしまいというお手軽な料理。

kenta20120225.jpg

グラタンが目立つ写真になってしまったけれど、本命はゆで豚。豚肩ロースかたまり肉を使っている。豚の角煮とかではよく三枚肉などを使い、柔らかくて煮ることができて美味しい。しかしかたまり肉は本当に肉を食らっている感がいい。オスであることを思い出すような、野性を取り戻す感じ。肉を食べるたびに思い出してる気がするけど。今の日本人に必要なのは赤身。エコとか絆とか、そういう効能があるから、とにかく食べよ赤身。
---

スポンサーサイト
[2012/02/25 22:22] ケンタロウの彼ごはん | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
米の飯
日本の中で僕ほど白米が愛している人間はいないのではないだろうか、というほどご飯が好きな人は多いと思うけれど、僕はもちろんそのうちの一人だ。オカズためにご飯があるんじゃねえんだよ、ご飯のためにオカズがいるんだという白米至上主義者。いつから白米を意識するようになったのか、はっきり覚えている。うちのか~ちゃんが、「お米くらい美味しいものを買っても罰は当たらないよね」と、パースライスかなんかから卒業したときだ。ごはんに合わないオカズだけの夕飯が出た場合、その白米に失礼な態度を改めさせるため、二度とそのオカズを出したくなくなるトラウマを植え付けてやるくらい白米をリスペクトしている。

ま、5000円くらいのタイガーの炊飯器を使ってご飯を炊いている程度のニワカなんだけどね。

こんな炊飯器でご飯を炊くなんてお百姓のみなさんに申し訳が立たないと思いながらも、なかなか新しい炊飯器を買う機会がなかったのだけれど、先日ついに好機が到来した。よく大型家電量販店で、ネット契約で3万円のクーポンプレゼントをやっているけれど、引っ越しを機に契約をし、しめしめうまく3万円クーポンを手に入れた。で、このクーポンで新しい炊飯器を買うことにした。3万円分のクーポンを手にするとなんか急にルンバとか欲しくなってしまったけど、初志貫徹、なんとか白米愛を貫き通すことができた。それにしても大金というものは、人が主義や主張を平気に覆させる力を持っていて恐ろしいものだ。

上野の電気屋さんで、象印の「極め炊き NP-NC10-TC」を購入。象印で5合くらい炊けて3万以内という条件で探した結果なのだけど、売れ筋もよいそうなので安易に決めた。まあどれを買っても、今の炊飯器よりは美味しく炊けるという安心感があって、そこまで真剣に悩まなかった。白米愛はどこにいった?と突っ込まれそうだけれど、買い物に私情は挟まないドライな性格なので。

kome.jpg

さっそく炊いたご飯を写真に収める。手前がぼけてしまい、なんかうまく炊けていないように見えてしまうが、「お米が立っている!」という安直な褒め言葉を使いたくなるぐらい、レベルが違った。ルクルーゼでお米を炊くのと似ている味わい。いままでタイガー炊飯器で無駄死にさせてしまった白米に申し訳が立たないと泣けてしまう。

---
まあでも本物の白米好きなら、これくらい台所にあってほしいね

---

[2012/02/25 21:47] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
越谷ラーメン事情
越谷の美味しいラーメン屋さんを探している。近所で潰れたと思っていた「ちゃーしゅー屋」が復活したけど、やはり普通に美味しいラーメンが食べたいので、引き続き探すことにした。そんな中、嫁ちゃんが探してきたのが、この「ラー麺専門店 こしがや」。

kosigayaramen.jpg

最初は店名だけで全く期待できなかった。地名から店名を持ってくるとか、専門店って付けるところとか。でも美味しかった。ラーメンDBや食べログなどで評価が高いのもううなづける。あの口やかましいことで有名な佐野のところで修行をしたらしい。それでも不愉快なところまでは受け継いでいない、感じのいいお店だった。しかし個人的には、豚骨系の重たいラーメンが食べたいんだよね!!ということで捜索を継続。

ramen20120212.jpg

次に見つけたのが、北関東でいちばん美味しいお店(自称)である「麺屋やまたけ商店」。みつを風のフォントを使って店主のポリシーをデカデカと掲げる店は、たいてい期待を裏切ってくるのだけれど、この店も例外ではない。しかし料理は見た目ではないというけれど、こう写真を並べて載せてしまうと、、、

kanban.jpg

北関東で一番旨い!しかしなんでまたこんな看板を作っちゃったんだろうね!

---

[2012/02/12 20:44] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
やはり犬はかわいい
新春そら祭り!!嫁ちゃんの実家のマメ柴「そら」の写真を撮ってきたので、中でも出来の良かった写真を大放出する。我ながらうまく撮れてると自画自賛してしまう。なぜこんなにいい写真が撮れるのか。被写体のそらが良いのは確かだけれど、やはり一眼レフで撮れる写真はすごい。ニコン万歳!D5000万歳!!

sora20120207_01.jpg

そら。マメ柴のメス。こうしてみると良い体型なのだけれど、実は体重10㎏超というデブちゃん。普通の柴犬と同じような体重になってしまっている。なぜ太るのか・・・?そのわけは次の写真。

sora20120207_02.jpg

写真を見てのとおり、とにかく食いしん坊。最近はリンゴが大好きで、コタツの上にリンゴが無くなるまで、リンゴを追ってコタツの周りをぐるぐる回る。僕や嫁ちゃんはほとんどオヤツをあげるようなことはしないのだけれど、それでもあきらめずに上目づかい。気持ちが揺らぐ。

sora20120207_03.jpg

しかしこうして客観的に見ると、やはり太っている。散歩も嫌いだしね。外でトイレを済ませた後、横綱級の力強さで家に帰ろうとするのだけれど、近くの川の土手まで連れて行ってあげる。軽く一時間程度の散歩。フェイントをかけて家に戻ろうとするなど、なかなか賢くなってきている。

sora20120207_04.jpg

柴犬と芝生の相性はバツグンだ。この土手でいろいろな犬を見かけたけれど、そらが一番かわいい。

sora20120207_05.jpg

普段よりちょっと散歩が長かったためか、17時過ぎにはウトウトしていた。
---
この犬ならマンションでも飼えます。
狛犬ペア【1】


狛犬ペア【1】

価格:294,000円(税込、送料別)


---

[2012/02/07 22:48] いきものわいわい | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
1丁目1番地
昨日は節分だった。朝一でランニングしていたら、あちこちの家の前には昨晩撒かれた大豆が散らばっていて、埼玉の節分はわりとオーソドックスなのだなあと安心した。年の数だけ大豆を食べるとか、大豆を使って上手に箸を使えるように練習するとか、どこの家でもやるのだろうか。こういう昔からの風習は大事にしないとね。

昔ながらと言えば、越谷レイクタウンに1丁目1番地という駄菓子屋のチェーン店のようなものがあり、先日寄ってきた。小さいころから駄菓子屋には何度もお世話になっているせいか、こういった駄菓子屋をイオンなどで見かけると、ついつい立ち寄ってしまうと思う。こういう駄菓子屋には友達と行くとさらに楽しいのは大人になっても変わらない。年の差や住んでいた場所が違ったとしても、駄菓子屋での買い物はみんなの共通の思い出となっているのだ。遠足の時のお供、または学校帰りの買い食い。店内に置いてある懐かしいお菓子を目にするだけで童心に帰ってしまう。見覚えのあるお菓子を手に取り、10円が30円になっていたりしてブーブー言ったり、地域によっては食べ方が違ったりして、とにかくつまらないことで会話が弾む。わー懐かしい!と店内をグルッと眺めるだけで時間が潰せてしまう。駄菓子屋はまさに日本人の心の財産なのだ。

ま、僕は駄菓子なんてほとんど食べたことないから思い入れなんて全くないんだけどね。

いやーほとんど食べた覚えがない。なんかの拍子で口にしたことはあるかもしれないけれど、自分から積極的に買って食べたことはないし、食べたいと思ったこともない。そもそも学校帰りの買い食いは厳禁だし、おやつは家に買ってあるもので、わざわざ外に買いに行くこともなかった。遠足のおやつも、基本的にはスーパーで買っておしまい。友達の付き合いで駄菓子屋に行くことはあっても、不味そうだし、遠足用のおやつを買い足すことはなかった。分かりやすく説明すると、君らとはお育ちが違うんだよ。

基本的にこんな幼少期を過ごしていても、駄菓子屋では「わーなつかしー」とか言ってれば自然になじめる。食べたことないとかバレる心配はない。しかし万が一疑い深い友達に、「じゃあこれ何味だよ?あ?」と突っ込まれたら危険なので、とりあえずパッケージに見覚えがある駄菓子を一通り買ってみることにした。初めて庶民の味を体験することにした。

dagasi20120204.jpg

とりあえず見覚えがあったのはこれだけ。せっかくだから一つ一つ紹介しようと思ったけれど、考えてみれば読んでるみんなの方が詳しいわけだから省略する。でもモロッコヨーグルは美味しかったので特筆に値する。これはもっとモリモリ食べたいと思ってしまった。友達が食べ終わった後、木のヘラで取りきれなかった残りがもったいないからか、水を入れて溶かして飲んでいたのを思い出した。その気持ち、今ならわかるかもしれない!あとよっちゃんイカとかビッグカツとか、たらたらしてんじゃねーよの3つは、買ったもののやっぱり食べる気が起きなくて、そのうちカラスのエサにでもなると思う。基本的に体に悪そうなんだよね、駄菓子って。
---

---

[2012/02/04 23:48] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
viva鍋焼きうどん
朝から5㎞走って、すっかり復調した実感あり!というのもつかの間、狭い作業場でメンバーが次々とインフルエンザに倒れる中、ビクビクしながら働いている今日この頃。どうせ休むなら、ただの風邪よりもインフルエンザの方が説得力があって長期休暇できてお得なのにと思ってしまうのは、世間を舐めすぎかね。診断書なんてまるで水戸のご印籠。今の世の中、解熱剤を投与したらすぐに熱も下がるし、そしたらウィルスが死滅する残り4日間、パラダイスじゃん。猛威を振るうインフルエンザも、ダメ社会人にとって救いの神に見えてくる!潜在的に微熱とかあったりしないか、期待を込めて熱を測ってみたところ、36.0度と素晴らしいくらい平熱だった。

埼玉県に引っ越して初めての冬。海がないせいか、とても寒い。町田に住んでいた時は、冬でも観葉植物をベランダに放置していた。それでも葉を落とさず、元気に越冬したものだったのだが、この冬はほぼ全滅。庭に植えたパンジーも、花は枯れ、葉はドライフラワーのようにカサカサ。裏の用水路は小石を投げ込んでも割れないくらい、厚く氷が張っている。一番ショックだったのは、水道管が凍ってお湯が出なくなったこと。さすが北関東・・・。

そんな寒いときには鍋を食べたくなるのが日本人。そして今日チョイスしたのは鍋焼きうどん。うどんがそれほど好きではない僕が、唯一積極的に食べるうどんがこれ。wikipediaによれば、伊達巻を入れるところもあるらしい。嫁ちゃんも入れると言っているけど、あんな甘いものを入れてどうしたいの?

nabeyaki20120204.jpg

久しぶりに包丁を握ったため、すっかり要領が悪くなってしまった。今月は土日にあまり予定が入っていないから、積極的に料理に挑みたい。
---

[2012/02/04 22:59] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
| ホーム |
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。