スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
体調不良
体調不良のため、更新をさぼってます。
ただの風邪なんだけどね。
あと仕事が忙しい!地味に!!

---

スポンサーサイト
[2012/01/25 21:51] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
開墾します
近くの畑を貸してもらって、早1ヶ月。草むしりを一度やって以来、ほとんど手を付けていない。春になったら何か美味しい野菜を植えようと思っていたのだけど、2月にジャガイモを植えるから畑を耕すのを手伝ってと貸主さんから連絡があった。運動代わりに鍬を振り回しに行ってみたら、一ヶ月ぶりに見た畑は、ものの見事に旱魃していた。表面はまったく水気が無く、ヒビが割れている。渾身の力で鍬を入れてみても、軽く土の表面を削るだけだった。なんという凍てつく大地。肌を切るような北風が、屯田兵気分を増した。


やらないよりはマシだと思い、ひととおり掘り起こした写真がこれ。ほんの一時間程度の労働だけど、腕はもうパンパン。腐葉土をまくと柔らかくなるということから、耕したあとに土を撒いたが、きっと混ぜないとダメだと思う。しかしもうその力は残されていなかった。

土が硬くなるのは、畑の石灰過多が原因だそうだ。そういえば去年もジャガイモを植えた際に撒いた覚えがあるなあ。着実に死んだ大地に向かっている。

春先には大根や人参、ほうれん草と長ネギを植えてみる予定だ。それまでに畑が形になれば良いのだが。
---

[2012/01/10 09:11] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
おしるこに餅が入っていない
「正月」、もっと正確に伝えるなら「正月気分」には、新しいことや初めてのことをやる気にさせる、不思議な力を持っていると思う。仕事始めの午後、自販機から伊藤園のお汁粉「大納言」を手にしたとき、その力(フォース)を感じた。喉が渇いて立ち寄ったはずなのにな…。

おしるこ

お汁粉。モチの食べ方としては、きな粉(ただし砂糖少なめ)と双璧をなす。でも30年あまり生きてきて、これまで缶に入ったお汁粉を食べたことはなかった。清涼感を求めて不二家のネクターを飲む道理はない。それと同じで、ドロドロした飲み物で暖まろうという時はコーンポタージュを選ぶのが道理だ。だから自然と、僕と僕の周りに、自販機でおしるこを買うというハプニングは起きえないのだ。しかし今日、間違いなく僕の意思でこれを買った。なぜか?正月だからとしか説明のつけようがない。太陽がまぶしいことを理由にするより、ずっと説得力がある。また、大和魂が「正月=お餅」という脊髄反射を引き起こしたのではない。いつの間にか手にしていたなどという意志薄弱なものではなく、確かに自由意思で購入ボタンを押下した。これはまさに正月気分が僕の背中を押したのだ。

缶を手に、正月らしく清々しい気分で休憩所の席についた。まず、あつ~い缶で手のひらを温めるのは古今東西問わずだろう。さらにモモとモモの間で挟むかしばらく考えた後、なんとなくやめることにした。気が急く。沈殿した内容物を攪拌した後、いつもより丁寧にふたを開け、口を付ける。ああ缶の不快な香り。気を取り直して飲む。小豆。モチが出てこない。体が暖まるのとは逆に、頭が冷静になる。もし白玉でも入っていたら、喉に詰まるだろうね…と。成分表を確認したが、確かに餅は入っていないようだ。しかし缶のデザインには、はっきりと餅が…釈然としない。消費者をだましているような気がする。一方、騙す側(伊藤園サイド)で缶を見直すと、「この白いのは餅ではないですよ、表面を光が反射しているだけです^^」と言い切ることができそうだ。僕はこれが餅であると証明する力を持っていない。

でも伊藤園にわずかに残る良心を信じ、メールで問い合わせることにした。返事が来たら記事にしようと思う。

1)缶にデザインされている器の中の白い物は、もしや光の反射ですか?
2)お餅が入っていないのは、やさしさからですか?
3)時々感じるお餅っぽいドロッとした食感は、信仰のたまものですか?

ついでに、なぜ小豆のことを大納言と呼ぶのか、缶の側面に書いてあった。大納言とは最高品質の小豆を指すらしい。茹でても皮が破れない品質から、皮を腹と見立てて、切腹させられることのない最高官位の「大納言」と呼ぶようになったそうだ。うまい!(美味いと上手いをかけた)←うまい。

---
缶はくずかごにステマしょう。

---

[2012/01/08 08:21] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
あけおめ
あけましておめでとうございます。去年は散々な1年だったので、今年はバランスを取るため、いい年になると思います。

さて、お正月はどう過ごしたか、大して面白くないのでサラりと触れる。年末は紅白歌合戦、年が明けて酒宴、2日から箱根駅伝と、どう盛っても面白くしようがないほど、ごく一般的なご家庭の正月を過ごした。ブログのネタに福袋を買うこともしなかった。福袋悲喜こもごもを味わうこともできない。嫁ちゃんが産まれて初めて凧揚げをした話は、盛り方によっては面白くなるポテンシャルを感じるけれど、もう少し酒が入ってからにしよう。

今日から仕事始めだが、残業をせずに帰宅した。そして成城石井にちょっと寄り道。メーカーズマークを買って帰る。ついに3年ぶりに見つけた。成城石井なら売っていると思っていたんだよね。カレーに合う酒は何かという人生のテーマに対するひとつの解。全ての料理はウィスキーに合うという母の言葉は至言だと思う。嫁ちゃんの友人の旦那さん(主夫兼コックさん)は、暴論と言っていたが。

mark20120104.jpg

僕はウィスキーはストレートで飲む。それをカレーを作っている嫁ちゃんに舐めさせたところ、「人の飲み物ではない」。これもまた至言。
---
ウィスキーが好きすぎなため、子供が産まれたらこういう乳母車に乗せたい。

---

[2012/01/04 22:44] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
| ホーム |
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。