スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
栄村
ラッキーなことに、一泊二食付きのペア宿泊券が手に入った。宿泊先は長野県の栄村という山村で、今年の春に震度6強という大地震が起きたのにも関わらず、地震発生日が3/12だったために全く知られることがなかったという悲劇の村だ。何かのイベントの目玉景品だったこの宿泊チケットは長野県民の手に渡り、紆余曲折を経て我が家に渡ったのだ。久しぶりの旅行にワクワクしてくる。

この長野県栄村と新潟県津南村の一体は秋山郷とも呼ばれ、10~50軒前後の家が集まった集落がいくつかあるだけという過疎地帯だ。日本秘境100選のひとつにも選ばれている。また、平家の落人の子孫ともいう。昭和の初期には、訪れた測量隊に対し、源氏の世はまだ続いているのか聞いてきたのだとか。まさか現代の日本、しかもこんな身近な場所で冒険ではなく探検気分を味わえる場所があるとは思ってもいなかった。いまどき探検なんてできるのは、どこでもドアを借りたのび太くらいだ。

このチケットが手に入ったのは先日のことなので、ちょっと正月の温泉旅行には間に合わないのが残念だが、年明けにもしっぽり秘境温泉を満喫する気満々になった。チケットの期限は来年の3/31。暖かくなる季節にも間に合いそうにはない。ならばむしろ大雪の過酷な季節に挑みたくなる。南極の吹雪もかくあらんとブログに書きたいのだ。犬ぞりを駆けらせ、クレバスを乗り越え、宿泊施設で体を震わせながら、吹雪が収まるのを待ちたいのだ。さらにビッグフットの足跡のひとつでも残っていれば万歳だ。

栄村振興公社が提供してくれる宿泊施設は牧之の宿・のよさの里というところで、昔の秋山の暮らしを再現した施設だという。さらに信州百名山の宿に指定されているのだとか。すばらしい。料理は山菜と川魚、さらに和牛・馬刺・熊鍋(別料金)!ただ露天風呂は冬季は閉まっているらしく、まぁ真冬に露天風呂にどうしても入りたいという好事家も少ないだろうから許すことにした。予約しないと始まらない!とにもかくにも、まずは予約してからだ!

しかしそんな期待や妄想は、砕氷船が氷山を破壊するかのように簡単に打ち砕かれた。



[link]
---
通はシロップじゃなくて塩で食べるんだぜ。

---

スポンサーサイト
[2011/12/26 23:22] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
ローストターキーに挑んだ
クリスマスが待ち遠しくなるのは、サンタの正体を知って以来だった。12/25に嫁ちゃんの友人を誘って、ターキーを食らいつくすことにしていたからだ。クリスマスに七面鳥を食べるという欧米の風習は、日本ではケンタッキーを食べるという形で伝わっているため、なかなか七面鳥にお目にかかる機会は少ない。今回、ローストターキーを作るにあたり、楽天から七面鳥をわざわざ取り寄せたのだ。今回は「男の台所」という、さまざまな男らしい食材をネット販売しているサイトを利用した。

taki20111225_1.jpg

冷凍状態で届いた七面鳥を、冷蔵庫で解凍する。ケツの穴に突っ込まれているのは七面鳥の内臓や首の部分だ。これは七面鳥にかけるソースを作るために用意されている。内臓と首を鍋で煮込んで出汁を取り、七面鳥の焼いた際に取れる肉汁と混ぜて使う。これとは別に、クランベリーソースという果実を使ったソースをかけるのが一般的のようだ。こちらはクランベリーを見つけたら作ってみようと思っていたが、カルディまで探したのに、ついに見つけることができなかった。

taki20111225_2.jpg

詰め物を引っこ抜くと、中はきれいな空洞になっている。この中に炒めたタマネギやセロリなどを詰め込む。想像していたものよりも狭い。そして肉と骨でがっちりしているため、無理やり広げてミッチリ詰めることはできない。

taki20111225_3.jpg

パセリと玉ねぎを炒めたものを詰める。この炒め物はあちこちのサイトのレシピをチェックして、本場っぽい方法で作ってみた。本当はタコ紐でケツの穴を締めるのだが、そんなオシャレな紐は用意できなかったため、無理やり竹串で閉じた。

taki20111225_4.jpg

120分ほどオーブンで焼いて完成。七面鳥には前日に下準備が必要なものの、それほど手間のかからない印象。この時点までは、もっとも豪勢なクリスマス気分を味わえる料理と言えよう。このまま終われば。

さて実食。食事中のターキーの写真は残していない。なぜなら、ターキーを食べるために解体する作業がかなりグロかったためだ。どこから手を付けてよいのかわからないため、とりあえず包丁で胸部やモモに斬りかかって解体を試みたが、骨が邪魔をしてまったく歯が立たなかった。ゆっくり時間をかけて解体すべきだったのだが、すでに参加した4人はみんな飢えて気が立っていた。僕の人徳ではこれ以上この場を抑えることができなかったので、自暴自棄となって各々ナイフとフォークで切り取り御免を許可した。その刹那、美味しそうなローストターキーは思い思いに屠られ、見事無残な肉塊と化したのだ。もしローストターキーでロマンチックな夜を過ごしたいと考えた人には、この料理が引き出す人間の醜い一面を相方と共に乗り越える覚悟がないのであれば避けた方が良いと助言を残したい。

肝心な味について。顔に似合わず意外と脂分が少なくタンパクな味わいだけど、胸肉のようにパサパサしているわけでもなく、食べやすい。でも今日参加した4人は、みんな心の中で「食べる分には楽しいけれど、来年はケンタッキーで良いな」と思っていたはずだ。
---
実はモスチキンが穴場らしいよ。

---

[2011/12/25 17:58] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
おでんと熱燗
嫁ちゃんの送別会だか忘年会だかで、日本酒を簡単にお燗にする道具をもらってきた。頂き物に対して失礼なことを述べるが、これは若い女性に贈る物としてチョイスする物ではないと思う。しかし会社の人にとって、これは嫁ちゃんに相応しい物と思って用意したのだろう。そして、嫁ちゃんにとってかなり適切なプレゼントであることについて異論を挟むことができない。こういう形で嫁ちゃんの会社での立ち位置というかキャラを知ってしまうとは思いもよらなかった。扱いがまるっきり酒キャラではないか…。

atukan1_20111224.jpg

atukan20111224.jpg

寒い冬には熱燗、そしておでんだよね。というわけで、ケンタロウの男子ごはんのレシピで、おでんを作ろうと思いたった。しかしかなり面倒なので、おでんの具はスーパーで買ったものを使用。昆布と煮干し、鰹節で出汁を取る参考にしただけ。コンビニ並みに美味しくできた。ファミマは越えたと思う。

oden20111224.jpg

おでんは酒を飲むようになってから美味しく思うようになった。実家では、おでんをおかずにご飯を食べていたけれど、この組み合わせは全く合わない。おでんに入っているジャガイモと大根、茹で玉子をおかずにして、ごはんを食べていた。お米好きにはかなりの拷問。江戸時代の農家かよ…。おでんは夕飯で唯一、出てきてほしくない料理だった。しかしお酒を飲むようになって評価は一転。「練り物、美味すぎワロタ」となる。
---
形から入る人はこちらから。


---

[2011/12/24 18:01] ケンタロウの彼ごはん | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
オリオン座2回目
カメラD5000の設定をいろいろ見直してリトライ。オリオン座がさらに鮮明に撮影することができた。肉眼でここまでの星の数をとらえることはできないが、30秒露光(とPhotoshop)によって浮かび上がる。

DSC_4710=2.jpg

これまで星空にさして興味がなかったのだが、見えないものが見えてくると覗き見根性(誤用)が湧き上がり、撮影対象のオリオン座だけではなく、周りの星座も調べてしまう。まずは「ふたご座」と「おうし座」は覚えた。しかし肉眼では、アルデバランといった強く光る恒星しか認識できない。ではこの写真のように撮影したらどうか?すると今度は星が多すぎてしまい、どの星が星座を構成しているのか見当がつかなくなってしまうのでもどかしい。

天体撮影を調べていて興味深かったのが、星の動き。一見、星が夜空を動いているように見えるが、実は地球が回(ry星の動き。たかだか露光時間30秒の天体撮影であっても、写真を拡大すると星の軌跡を確認することができるのでスッキリ撮れない。でも星を撮るには露光時間を長く取りたいというジレンマ。そこで出てくるのが赤道儀という機械。この道具は星を自動追尾する機能があるため、まるで星の位置が変わっていないかのように撮影することができる。星の撮影にかける情熱が素晴らしい。

---
でもね、これを使えば星の移動を気にしない上に、24時間365日、南半球の星空ですら撮影できるよ!

---

[2011/12/23 08:20] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
七面鳥とサンタ
外でランチをしたついでに神社によって御神籤を引いてみたら、見事大吉を引き当てた。やはり無心で引くといいことがあるね。いつも思うんだけど、御神籤はもっと射幸心を煽った方が良いと思う。12月になると明らかに引く人もいないだろうし。大吉10枚揃うと好きな神主さんとツーショットみたいな。

さて、そんなこんなでもう今年もあとわずか!いよいよ待ちに待ったクリスマスの到来ですなぁ!我が家にもサンタが来る予定ではあるのだけれど、天体望遠鏡でもルンバでもなく、炊飯器を持ってくるようだ。Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II を持ってこれるサンタと知り合いの方は、連絡を求む。

例のローストターキーが、ついに我が家に届いた。段ボールにはデカデカと「男の台所」と書いてあって、それを見るだけで「喰ってやるぜ」と気持ちが奮い立つ。配達員から受け取った嫁ちゃんは恥ずかしかったらしいけれど。

これが届いたローストターキーだ!!

tori20111222.jpg

重さは2kg。ニワトリと同じくらいの大きさ。この肉だけを食べるのであれば二人がかりで何とかなりそうだが、おそらく二度と思い出したくない思い出になりそう。嫁ちゃんの伝手で、援軍が来てくれそうなので助かった。本場では、食べきれなかったターキーをサンドイッチにするらしい。どんだけ大きいのを食べるんだろう。



こうしてみると、相当でかい!そして不気味。
---
もう少し太らせてから食べたい人は、コレ。

---

[2011/12/22 22:13] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
オリオン座を撮って見た
前回の皆既月食の時、そこそこ頑張って写真を撮ってみたのだけれど、ブレているのかフォーカスがあっていないのか、スッキリとした写真ではなかった。

どうして上手く撮れなかったのだろう?他の天体撮影系のサイトでは、同じニコンのD5000を使っていても、見たこともないくらいの星空を撮ることができている。

皆目見当がつかないので、思い切って観測所雑記帳というサイトに、星空撮影のための方法について聞いてみた。こちらのサイトでも、同じD5000を使って撮影していたからだ。

僕のグダグダ丸投げな質問に対してすぐにコメントを返してくれて、まさに知りたかったことを1から教えてもらえた。デジカメの入門サイトまで誘導してもらい、熟読を繰り返す。

とりあえず星空の撮影に必要な道具はそんなに多くなく、三脚とレリーズ/リモコンがあれば十分なようで、あとはデジカメの設定次第らしい。(凝りだしたらいろいろ必要な道具はあるのだけど、STEP1としては不要)

さっそく撮った写真がこれ。クリックすると大きくなります。

yozora20111221.jpg

わんだほー!オリオン座はだいたいこのあたりだろ!と撮った写真。冬の大三角形やオリオン座の全体像を収めたりできていないので構図とかイマイチだけれど、夜空自体は想像以上にきれいに撮れた。小さい星まで撮れていて、ホコリがずいぶん付いていると思ってしまう。

あまりにきれいに撮れたので、うれしすぎてオリオン座を調べたのだけど、右肩部分のベテルギウスは、いつ超新星爆発してもおかしくないらしい。ちなみに爆発した場合、満月の100倍の明るさとなり、2週間くらいは太陽がふたつあるようなことになるんだってさ。2012年に爆発すると科学者が予言する記事を多く見かけたけれど、こちらはマヤ文明にひっかけた終末思想のようなものだと思う。

---
天体観測STEP2からは天体望遠鏡が必要です。、



---

[2011/12/21 23:15] 雑記 | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
すき焼き再び
僕の両親はこのブログをチェックし、僕の日常を監視している。

前回、ブログにてすき焼きの記事を書いた後のこと。[link]ルクルーゼの鍋を使って煮込んでいる写真を掲載したおかげで、その和洋折衷、しかしオレンジの鍋が目に染みるからやや洋が優勢!のすき焼きを両親は嘆き悲しみ、すぐに「南部鉄器のすき焼き鍋、贈ってあげようか?」と嬉しい申し出があった。

・・・計算通り(にやり)

僕は本物嗜好なので、こんなルクルーゼ鍋ではなく、南部鉄器とか、むしろ鋤の上で牛肉を食べたいくらいなのだ。ルクルーゼのすき焼きなんて、文明開化が行き過ぎている。

さてさて、さっそく南部鉄の鍋を贈ってもらった上に、肉がなければ鍋の使い方が分からないから牛肉も買ってくれと駄々をこねて、霜降り牛肉もゲット。しめしめ。この肉、まるで脂の豪雪地帯やー。

sukiyaki20111219.jpg

そしてようやく、すき焼きのリベンジを果たすときが来た。前回の反省を生かし、しらたきをレギュラーから外す。(お腹一杯になってしまい、食べられなかった)これまで毎日のように散々すき焼きを食べてきたけれど、そもそも汁を吸うだけになりがちな「しらたき」の存在が許せなかった。麩と同じくらい許せない。麩は実家生活時代に出禁にした。しらたき、すき焼きの味にどれだけ貢献してるの?そんな僕の問いに、しらたきはただ沈黙を続ける。

裏ではこんな激しいレギュラー争いもあったが、無事にすき焼き祭りを執り行った。100gチョメチョメ円の牛肉、和食最高峰の料理にふさわしい!牛肉をもっともまずく食べる料理だとも言われてはいるけれど!でもあれだ、贅沢に慣れるというのは恐ろしいな。慣れたことはないけれど、恐ろしいってことだけは薄々気が付いていた。身に染みてわかりたい気持ちもある。しかしストップ、霜降り。今度から赤身にしよう。質より量だ!霜降りは余所でごちそうになる時だけにしよう!

北大路魯山人がいうには、すき焼きには赤身の多い肉を使うのが鉄則らしい。魯山人もなかなかの怖がりだったんだね!

---
次はこの鍋、買ってほしいんだけど!>かーちゃん

---

[2011/12/19 22:29] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
結婚式に行ってきました
先日、横浜まで友達の結婚式に行ってきました。この友達は僕にとってサーフィンの弟子です:-)。

披露宴の料理を一部紹介。
ryouri20111218_1.jpg

ryouri20111218_2.jpg

ryouri20111218_4.jpg

ナスの田楽の上にトリュフが乗っている料理が最高に美味しかった!でもナスとトリュフの区別が途中でつかなくなったぜ!!

---

[2011/12/18 16:27] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
しょうぶパン鬼ー・来久ちゃんと、ヲタまんのコラボ
ヲタまんを創作してから2週間・・・。

あんまり引っ張ってもしょうがないネタだけれど、他にブログに書くこともないので、暇つぶしに載せる。


> ぜひ町おこしに使ってくださいと、働きかけてみようかな。
> 別にひこにゃんほどのブームにならなくてもいい。
> 僕は静かに暮らしたい。

11/29のヲタまんの記事にて、こんなことを述べた。有言実行、思い立ったが吉日、この記事を書いてすぐに、およそ30代の社会人が書くとは思えないような文章を添えて、以下の自治体に対して酔った勢いで意見具申した。

---
石川県白山市
石川県七尾市
石川県輪島市
広島県三次市
静岡県浜松市
埼玉県久喜市
長野県須坂市
宮城県大崎市
鹿児島県伊佐市
愛知県知立市
岩手県紫波町
福井県鯖江市
秋田県能代市
---

※これらの自治体は、かつて「オタマジャクシ騒動」が起きた場所(wikipedia調べ)。

こちらが送付したメッセージ
---
オタマジャクシ騒動にちなんだ新しいゆるキャラを考案したから町おこしに使えるか検討して。
http://blog-imgs-47.fc2.com/h/y/l/hylidae/20111129201517131.jpg
---

誰が言い出したのか、シンプルイズベスト。シンプルがいい。それでいて「検討して」という慎ましさ・奥ゆかしさに、書き手の人間性が滲み出ている。

ほとんどの自治体が、相談窓口といった問い合わせ先が用意されていたけれど、中には市長へ直接意見を述べることもできるところがあったので、その場合はもちろん直接市長に送った。奇しくもないけど橋本徹が大阪市長選挙で大勝して日が浅かったので、発奮した他の市長がトップダウンでヲタまんをゆるキャラに認定するという流れがあるかもしれないことを期待してのことだった。

そんな感じで結果速報。12/16現在、送付した13の自治体のうち4つの自治体から回答をもらっている。全文載せるのもかったるいので、ダイジェストでお伝えする。

能代市役所地域情報課からメールにて
「現在のところ、能代市ではオタマジャクシによる町おこしを特に考えておりません」

浜松市広聴広報課からメールにて
「ご意見は担当課に伝えるとともに、市政運営の参考にさせていただきます」

三次市産業部商工観光課からメールにて
「ひとつのアイディアとして受け止めさせていただきます」

埼玉県久喜市の市長から封書にて
「非常にユニークかつ斬新であり、興味深く拝見したけど、既存のゆるキャラを育てる」

残りの9つの自治体については、縁もゆかりもない人間から突然送られた挑発的なメッセージを完全に黙殺している(回答希望しているのにもかかわらず)。この自治体の仕事をどう評価するかは読み手にお任せするけれど、あくまで個人的な感想としては、「毎日こんなくだらないメールが大量に届いて、相手するのも大変なんだろうなぁ」と、お役所仕事を多少理解しているつもり。

さて、この久喜市長からのお手紙。そもそもこの意見具申に対して返信メールも満足に寄越さないだろうとタカをくくっていた僕にはかなり衝撃的な対応で、この手紙を肌身離さず持ち歩いて、会う人に見せびらかしている。久喜市では「しょうぶパン鬼ー(しょうぶぱんきー)」や「来久(ライク)ちゃん」といったゆるキャラを育てたいというメッセージが届いたわけだけど、その行間からは、ヲタまんにもっと早く出会いたかったという悔恨の念が読み取れた。そんな田中暄二市長に応えたい。住民票を移す以外で、僕に何かできることはないだろうか!?


しょうぶパン鬼ー・来久ちゃんと、ヲタまんのコラボ?
(続く)

---

[2011/12/16 21:33]  ┗ヲタまん | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
キャベツ太郎!
今日、おやつになんと15年ぶりに「キャベツ太郎」を食べた。最後に食べたのは※※自主規制※※の前日だったのをはっきりと覚えている。友達と飲んで悪酔いした時のツマミがツマミがキャベツ太郎。それをきっかけにキャベツ太郎が苦手で、皿に出されても避けていた。だいたいキャベツが入ってないのにキャベツ太郎ってどういう料簡なんだ…。

kybatu20111214.jpg

それはともかく、このキャラクターはなんでカエル?販売元の「やおきん」さんの商品課に問い合わせてみた。問い合わせしてからわずか1時間で回答あり。早業。

>お問い合わせの「キャベツ太郎」の件ですが、設定がキャベツ畑を
>見張っているという事、畑なので“カエル”見張りなので“お巡りさん”
>となっております。名前・性別の設定は特にございません。

とりあえずカエルってことで安心した。そして名前がないのには驚き。もうキャベツ太郎が販売してから30年近くは経っているのにさ!フフフフフ。名前がほしいな。『カエルのお巡りさん』じゃあ今い呼びにくいッ!そうだな…『メキシコに吹く熱風!』という意味の『サンタナ』というのはどうかな!
---

[2011/12/14 21:45] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
| ホーム | 次のページ>>
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。