スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
イモ仲間
せっかくの週末なのに雨。
これでは畑の草むしりなんてできないので、
のんびり家でお茶をすすってる。

これから貸してもらう畑について。
これまで毎年のように畑に芋を植えていたようだから、
連作障害を避けるために芋以外のを植えないとね!
じゃあ具体的に何を植えればいいのか?調べてみた。[リンク]
ジャガイモを5年に1度だけ作るローテーションになっているけど、
なぜかジャガイモがナスやトマトと同じ場所に書いてある。
トマトとナスが同じ仲間という知識はあったので違和感はない。
でもそれにしたってイモとナス・トマトを仲間にするなんて、
いい加減な情報が載っているサイトだな。

・・・などと思っていたら。

ジャガイモ(英名:potato、potatoe、学名:Solanum tuberosum L.)は、
ナス科ナス属の植物[wiki]

えーーー!!!ナスの仲間だって!?
食べるところがナスとはぜんぜん違うじゃん。
ならナスやトマトの根っこも食べられるってことか!
ジャガイモの実も食べられるってことか!

「ジャガイモはナスの仲間である。」
何かこれまで培ってきた自分の常識を否定するかのような
強烈なメッセージに、何かぼやっとした不安を抱かせる。

イモ四天王であるジャガイモ、サトイモ、長いも、サツマイモ。
冷静に考えると、細かいところがお互いに似てない。
共通項が根っこの太った部分というだけ。
花とか蔓とか芋の付き方とか。基本的なところでけっこう違う。

ジャガイモ→ナス目ナス科
サトイモ→サトイモ目サトイモ科[wiki]
長芋→ユリ目ヤマノイモ科[wiki]
サツマイモ→ナス目ヒルガオ科[wiki]

調べてみたら一目瞭然。互いに仲間でも何でもなかった。
サトイモ科なんて南国風の花が咲くし。
(肉穂花序と仏炎苞なんていうらしい。要はきもい。)
サツマイモ科は朝顔そのままの花が咲くし。

日ごろ全く意識しないけれど、野菜の分類をまとめみる。

長ネギ→クサスギカズラ目ネギ科[wiki]
タマネギ→同上[wiki]
ネギは割と素直。ちなみにワケギ、ニラ、ラッキョウ、ニンニクもネギ科。
確かに言われてみれば抵抗なく受け止められる。

セロリ→セリ目セリ科[wiki]
ニンジン→同上[wiki]
パセリ→同上[wiki]
この辺は葉が似ているから仲間かな、とは思っていた。

大根→フウチョウソウ目アブラナ科大根属[wiki]
チンゲンサイ→同上アブラナ属[wiki]
ブロッコリー→同上[wiki]
キャベツ→同上[wiki]
小松菜→同上[wiki]
白菜→同上[wiki]
アブラナ科はカオスすぎるwww。
なんでもいっしょくたにしすぎ。

レタス→キク目キク科[wiki]
ごぼう→同上[wiki]
春菊→同上[wiki]
ほうれん草→ナデシコ目アカザ科[wiki]
逆にこの辺の定番な葉物は、なぜアブラナ科から外されたのか。
(生物的には全く違うけど、野菜としては仲間にしたい)

ピーマン→ナス目ナス科[wiki]
ジャガイモとトマトとピーマンはナス科。
神様、3日目にしては仕事がいい加減すぎるwww
---

[2011/11/19 15:15] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
ボジョーレ
11/17はボジョレー ヌーヴォーの解禁日。
ボジョレーって正直美味しくないよね。
なんか酸味が強いだけだし。

なんて通ぶるのは表だけ立派な人間。
日本人なら当然初物に弱いというか、
解禁日に飲まないでどうするの?という感じ。
解禁日に飲むから価値がある。
これを週末の土日にまで待って飲んだとしたら、
それはただの不味いワイン。
初物は女房を質に入れてもってんだよ!

今年も当然解禁日に飲みました。
わーい、これで今年も75日寿命が延びた!!

hanbargu20111117.jpg

要は酔狂だよね。人生は伊達と酔狂で成り立つ。
---

[2011/11/17 23:34] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
出汁
嫁ちゃんが仕事の都合で帰りが遅いので、今週は夕飯係を仰せつかっている。

けっこう美味しいレトルトのハンバーグがそろそろ賞味期限が切れそうなので、
今日はそれを温めて、あとはルクエを使って温野菜を用意して、
さらにお弁当用も兼ねて、友人に送ってもらったサトイモを煮っ転がして、
今日の調理は簡単に済ませようと朝から計画していた。
煮物なんて煮る時間がかかるだけで、楽勝だしねー。

里芋の皮をサクサクと剥いて、塩でもんで、鍋に水を張って
さぁ魔法の粉、ほんだしの登場だよー!あれ?かつお武士がいない!?
冷蔵庫や引き出しをあちこち探しても見つからない。

さてどうしよう。
近くのスーパーまで買い出しに行くか。
それとも鶏ガラやコンソメでごまかすか。(ごまかせない)
そうだ、昆布と鰹節で出汁をとればいいんだ!!
出汁の素がなければ出汁をとればいい。
まさに逆転の発想。
マリー・アントワネットの発想。

小学校の家庭科の実習以来の、出汁の作成に挑戦。
鰹節と昆布を使うことしか知らない。
煮干しも使った覚えがあるけれど、記憶があいまい。
これではまずい、とさっそく出汁の摂り方を調べてみる。
色々なやり方はあるけれど、結局のところ、煮物に必要なのは二番出汁[wiki]
K君の奥さんによると、冷蔵庫などで保存できるらしいから、
使わない一番出汁は捨てずに冷蔵庫に入れておこう。

昆布を鍋に水で浸して火をつける。
煮立つ前に昆布をどかして、鰹節を入れる。
煮てから火を止めて、しばらく放置。鰹節をどかす。
なんか色が薄いけど、本当に一番出汁ってすごいの?

そして本命、二番出汁の作成に着手。
昆布と鰹節を使って煮る。さらに鰹節を投入(追い鰹)。
そして濾す。やっと完成。

たった小さじ2杯投入する工程にこんなに時間がかかるとは。
正直言って、鍋に残った煮汁は見た目はパッとしない。
なめてもさして美味しいわけでもない(薄味)
でも里芋の煮っ転がしを作って、その煮汁を味見してみると美味い。
グルタミン酸を入れるだけとは違うのだよ!!という感じ。

さて、嫁ちゃんは味の違いに気が付くでしょうか・・・
---

[2011/11/17 21:40] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(1) |
春菊との付き合い方
引っ越し先の家のそばに、畑が広がっている。
この畑は市が市民に貸しているもので、
朝から大勢の人が野菜作りに勤しんでいる。

先日、嫁ちゃんのおばあちゃんが遊びに来た時のこと。
そばの畑を眺めて一言。

「畑の人と仲良くなったら、野菜に困らないじゃない」

そしてすぐ実践。
散歩がてら畑に寄って、春菊をゲット。
びっくりするぐらいの行動力。

でも、すき焼き以外に春菊の使い道はあるの?
ということで、クックパッドからレシピをもらってきました。[レシピ]

「カリカリ豚と春菊のおかか炒め」
shungiku20111116.jpg

あえてカリカリにはしなかったです。
春菊の苦みと豚肉+ショウガの味が合いすぎ。

でも春菊といったら、やっぱりすき焼きだよね。

---

[2011/11/16 22:13] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
開墾します
さて、埼玉県に引っ越したので、開墾を始めることにする。
とはいっても、別に開墾が必要となるような未開拓地に住み始めたわけではない。
近場に利用できる畑があるので、せっかくだから何か作付けでもしよう!
と思いつき、さっそく所有者に畑を好きにしていいと約束にこぎつけたわけ。
しばらくサーフィンもお預けになるので、運動不足の解消にもなるだろうし。

何を作るかはまだ検討中。
さすがに毎日のように畑の世話をすることは考えられない。
土日のどちらか、しかも半日が精いっぱいといったところ。
無償の愛と水道水くらいしか注ぐことができません><

毎年ジャガイモを作っているらしいので、連作障害の恐れもあるから、
今年は豆類か、カボチャとかネギ・大根あたりを作ってみようかな。

でも今年はしばらく畑の世話をしていなかったらしく、
相当、荒れ果てているらしい・・・。
そんなわけで、今週末は張り切って草むしりです。

---

[2011/11/14 22:47] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
斬鉄剣
引っ越しも無事に終わり、荷ほどきはまだまだなのですが、
そうにかやっとネット環境を整えることができました。
そんなわけで久しぶりにブログを書くことができます。

嫁ちゃんの誕生日祝いに、うちの両親から包丁をプレゼントしてもらいました。
引っ越し先で台所が広くなるので、いっしょに料理をするのなら、
切れる包丁をもう1本ほしいねと思っていたから、リクエストしたものです。

で、贈ってもらったのがzwilling
あまり調理器具のメーカーを知らない僕ですが見覚えがあったのは、
それまで現役で使っていた包丁も、兄弟ブランドのhenckelsだったからでした。
村正とか和包丁とかよくわからないのが来なくて良かった。

さて、嫁ちゃんの物とはいえ新しい刃物。
試し切りしたい気持ちが抑えきれません。
辻斬りの気持ちがわかりすぎる。

ちょうど嫁ちゃんの友人から新鮮な白菜とネギを頂いたので、
鍋をすることにし、用意した鶏肉を斬る機会ができました。
そしてこれまで使っていた包丁を丁寧に研いだあと、
新しい包丁とで鶏肉の斬り比べしてみました。
今までの包丁も研ぎなおしたおかげでよく切れたけれど、
新しい包丁の切れ味は最上業物。
ぬるぬるした皮なんて、撫でるだけで切り落とせてしまう。
まるで斬鉄剣でした。
---

[2011/11/13 11:03] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
<<前のページ | ホーム |
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。