スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
続・長野に行ってきた
長野2日目。パワースポットに行こうということで、戸隠に行ってきた。同じ長野市なのだけれど、山の中に入ったところなので気温はさらに下がって肌寒く感じた。さすがパワースポット。昔は僧の修行の場だったらしいけれど、クーラー要らずのこの涼しさ、極楽に一番近いのではないだろうか。

nagano_20120808_1.jpg

nagano_20120808_2.jpg

樹齢700年程度の御神木があちこちに生えている。まるで御神木のバーゲンセール。三本杉という神木が3つと、それとは別に神社に神木が1つある。どうせなら三本杉の3本は触りたいよね!と思っているところに4本目が現れると、きっと誰もが困惑してしまう。

nagano_20120808_3.jpg

社が大きすぎて入りきらなかったので、なんとなく上手そうな構図で撮ってごまかした。

戸隠と言ったら蕎麦だよね!ということで、美味しい蕎麦を食べるのが僕の本命だ。いろいろ調べていてくれて、戸隠の「うずら屋」というお店で食べることになっていた。いつも行列ができているくらいの店らしいく、写真は開店前の様子。僕らは10時に店前で名前を記入し、10時半の開店とともに席に着くことができた。ちなみに開店と同時にお店に入れない場合は、1時間待ちは確実。ピーク時には2時間待ちにもなるとのこと。でも律儀にならばなくても、名前を記入しておけば、後から来たときに優先して席を用意してくれる。なので名前を書いてからゆっくり境内を歩くのがおすすめ。

nagano_20120808_5.jpg


nagano_20120808_6.jpg

よく知らないで食べたのだけれど、「変な盛り方・海苔がない・ちょっとびちゃびちゃ」という様式、戸隠そばのお約束だそうだ。写真の馬のひずめのような盛り方を、ぼっち盛りと呼ぶとのこと。天ぷらも美味しいと自画自賛していたなので、天ぷら盛り合わせも頼んだ。


nagano_20120808_4.jpg

この憎たらしい顔のタヌキの象は、店の前で拝むことができる。2時間も待つ人を小ばかにしたような顔が印象的。
---
よし、戸隠で蕎麦屋を初めて、人生を逃げ切ろう!

---

スポンサーサイト
[2012/08/08 21:03] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
ヒューガルデンホワイト
ブログのコメントでももらったが、ヒューガルデンホワイト、我が家でも飲む。これもベルギービールのひとつなのだけれど、最近はあちこちの飲み屋でもみかけるようになったと思う。白ビールのイメージ通りのさわやかさ。

bi-ru20120621.jpg

ブログのネタに成城石井までヒューガルデンを買いに行ったところ、いつものビンの他に、なんと缶も発見!これは正規には輸入がなされていないらしい。味はビンも缶も同じに思えたが、貧乏舌だからだろうか。普通はビンの方が美味しいらしいけれど。でもブラインドテストをしたとして、美味しい瓶ビールを当てられるか?と自問すると…。

ところで、このビールグラスもヒューガルデン専用だ。普通のグラスに比べてガラスが厚く、ずっしりと重い。最近では麦茶やらなんやら、節操なくこのグラスを使って飲んでいる。
---

[2012/06/21 22:32] ごはんいろいろ | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
ベルギービール
我が家はコストパフォーマンス重視で、「土日の晩酌にはワイン」と決まっている。安くて美味しいデイリーワインを1本買って、一晩で飲み切るのが週末の楽しみだ。他にもバーボン、日本酒、焼酎なども飲むことはあるだけれど、1日で空にするには量が多いし、どれだけ飲んだのか酒量がわかりにくい。ワインの場合は、1度空いてしまえばそれ以上飲みようがないので、酔った脳みそでもわかりやすい。一方、ビールの方はというと、お腹が膨れるだけで飲んだ気にならないし、数本買うとワイン1本と同じ値段になってしまうので、ほとんど飲むことはなかった。

ところで越谷は未開の地なので、よそ様をもてなせる美味しい店がないと思っていたのだけれど、ちゃんと探せば見つかるもので、最近では越谷駅前のガーデンカフェCamdenカムデンがお気に入り。というか、今のところ越谷で唯一のお店。この店の魅力は店内のアートな雰囲気や手作り陶器に盛られたタコライスも良いが、なんといっても世界各地のビールが飲めること、特にベルギービールに尽きる。産まれて初めてベルギービールを飲んだのだけれど、一口にベルギービールといっても何種類もあり、それぞれの銘柄によって個性的な異なる味を楽しめて面白い。何よりも興味深いのが、ビールのブランドによって専用のグラスが存在することだ。

bi-ru20120617.jpg

このビールは僕が特にお気に入りのCHIMAY(シメイ)専用のビールグラス。聖杯型と呼ばれ、僕のこれまでのビールグラスのイメージを根底から覆してしまった。シメイはトラピスト会の修道院で作られたビールで、トラピストビールと呼ぶそうだ。この聖杯型のグラスは、キリスト教の儀式で用いられるワインを入れる聖杯を模しているらしい。グラスも気に入っているけれど、もちろん味も美味しい。独特な香りも良い。あまり冷やして飲むと味が薄まる気がするので、ちょっと常温で落ち着かせてから飲むのが基本だ。

カムデンではシメイの他にもベルギービールのDuvel(デュベル)とかhoegaarden(ヒューガルデン)などなどを飲むことができるが、僕はシメイのブルーが一番のお気に入りのため、ついついこのグラスを購入してしまった。この記事の最後に楽天のリンクを張ったけれど、ホワイト・レッド・ブルーの3種類のビールとグラスがついて1700円ちょっと。グラスまで付いて、味比べもできるお得なセットだ。

他にも面白いビールグラスが存在するのでいくつか紹介する。
これはパウエルクワックのビールグラス。これもベルギービールのひとつだ。赤坂のレゼルブというお店で飲んだ覚えがある。馬に乗りながらでも飲みやすいように、グラスに取っ手がついたらしい。それにしても洗うのに一苦労しそうだ。と思ったら専用ブラシが存在した。このグラスは、グラスだけでテンションが上がる。




リンデマンス専用のグラス。これもベルギービールで、カシスやブルーベリーの香りづけがされている。このように果物の香りづけをしたビールをけっこうみかける。キレとかそういう日本ビールらしいものが欠如しているため、ビールとして飲むことができなかったが。





さすがに毎週のようにベルギービールを飲むわけにはいかないので、代わりに発泡酒をシメイのグラスに注いで飲んでます。
---

---

続きを読む
[2012/06/17 10:27] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(2) |
大収穫祭
我が家の坪庭にジャガイモを植えたのは2月。本日、ついに収穫の時期を迎えた。種イモ用のジャガイモを用意して、肥料などを混ぜて植えたところ、想像以上の勢いで大きくったのだ。日中はずっと日の当たる場所なので、植物を育てるのにほどよく適した条件だったのだろう。我が家の隣には市が貸し出している畑があるのだが、そこに植えられているどのジャガイモよりも葉が大きく、背も高いのだ。たったの3つしかジャガイモを植えなかったのに、庭の1/3が葉で覆われてしまった。これは大収穫祭だね、と嫁ちゃんとジャガイモ祭を楽しみに、週末を迎えたのだった。こんなに大きく育ったのだから、、、

imo3.jpg


あいにくの梅雨空だけれど、少し雨脚が弱まったところを見計らって庭に出る。うっそうとしたジャガイモの葉をかき分けて、茎の根元を掴んで思いっきり引き抜く。「とったどー!」と使い古されたフレーズを出すこともできなかった。根の抵抗がまったくなく、軽く抜けてしまったのだ。どういうこと?ジャガイモの根を見ても、イモが見つからない。。。下の写真で根の部分の黒いところは、種イモ。それ以外にイモが見当たらない。

imo1.jpg


結局のところ、3本のジャガイモからは、3つのジャガイモしか収穫できなかった。畑の中に取り損ねたジャガイモがあるに違いないと探してみたが、いくら掘っても見つけることができなかった。こんなに割に合わないことが他にあるだろうか。今日の夕飯はホクホク獲れたてジャガイモのシチューを所望していたのに、、、

imo2.jpg


素人考えだけれど、根っこに行くべき栄養が全て葉に使われたのではないかと推察している。花芽を摘んだりして、それなりに気を配っていたつもりなのだが。ネットで調べてみたところ、肥料のタイミングや種類にもいろいろあるようだ。葉を育てるときは窒素を、必要以上に大きくならない程度に上げることが大事らしい。なんとも休日の出鼻を挫かれた形になったけれど、今晩はやっぱりシチューを所望する。
---

[2012/06/16 17:17] ごはんいろいろ | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
上野の桜&みはしの白玉
そろそろ我が家も、家中丸ごとLEDにしようかという話になりました。団地に住んでいたころは気になるほどの電気代ではなかったのですが、引っ越してからは事情が変わって家中の電気をつけたり消したりするようになったからなのか、電気代がうなぎ上りです。これではまずい!ということで、一念発起して豆電球をLEDに変える気になったのです。そんなわけで、上野のヨドバシまでお出かけすることになりました。

LEDが流行しているのは知っているのですが、ではどう省エネなのかがよくわかっていません。とりあえず豆電球(白熱灯?)は取り換えた方がお得らしいです。なら全部思い切って取り換えてしまおう!でも60W相当のLEDを買っても、ちょっと暗いとも聞いたことがあります。LEDはそんなに安いものではないから、一気に取り替えるのはリスクがありそう。ちょっと様子を見たいので、トイレやお風呂などのをお試しで取り換えることにしました。

あと直線や円形の蛍光灯は、がんばって取り換える意味があるのか?まったくわかりません。でもこれらは本気で取り換えようと思うと、初期投資にかなりのコストがかかってしまいます。ここはとりあえず取り換えないでおこうかな・・・。

sakura20120325.jpg

さて、写真は上野公園の正面入り口の桜です。この公園の桜は毎年大勢の花見客で賑わうことは有名ですが、特に入り口付近に植えてある桜は、他の桜よりも一足早く咲き始めます。上野公園の花見宴会場の桜はまだツボミのままですが、ご覧のとおり正面入り口の桜だけは満開です。公園を通りかかる人はみんな写真を撮っていました。陽気もよく、桜を撮るのに絶好の日和です。

mihasi20120325.jpg

上野に出かけた日は、必ずのようにみはしであんみつを食べます。もちろん本店で。そこで食べる白玉クリームあんみつは格別な美味しさです。いいねーあんみつ。持ち帰りもできるのですが全く別物なので注意が必要です。
---

[2012/03/25 16:53] ごはんいろいろ | トラックバック:(2) | コメント:(1) |
松蔵ポテト
ポティトゥ!!
ついに松蔵ポテトのスイートポテトを買ってしまった。何年も前からずっと気になりながらも手を出していなかったのだけれど、自分へのご褒美に買ってしまった。
imo20120315.jpg

大きさは特大。大人のこぶしよりも大きい。そして上品な甘さ。スイートポテトはこの控えめな甘さがいいんだよね。モリモリ食べられる。そして芋の皮がカップ代わりになっていて、それが絶妙なしょっぱさで飽きさせない。このため、いくらでも食べらてしまう。ダイエット中だというのに、危ない危ない。
---
これがあれば、秋の寒空の中、車を追っかける必要がなくなるね。

---

[2012/03/15 22:39] ごはんいろいろ | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
あまおうのイチゴのケーキ
ホワイトデーにケーキでも買って帰ろうと思っていたのだが、同じような考えの人が多かったため、北千住の駅近辺のケーキ屋というケーキ屋が大混雑。めぼしいケーキはもう売り切れとなってしまい、とぼとぼと帰宅した。不二家とかは暇そうにしていたけれどね。なぜか不二家でケーキを買う気にならない。代わりに翌日の15日、同じく北千住でケーキを買って帰った。
ichigo20120315.jpg

La Maisonの桜とあまおうのタルト。ケーキは断然いちご派。

不二家のケーキをなぜ買う気にならないか考えてみた。コージーコーナーも同様で買う気にならない。買う気にならなないというとちょっと不適切か。お土産やプレゼントにする気にならない、という方が近い。個人的にはコージーコーナーのケーキは大好きだし。で、なぜ人に贈る気にならないかという話。これはたぶん、ケーキって「どこのケーキ屋か」が重要なのだと思う。有名とかではなくて、「お気に入りの」とか、「美味しい」「地元の」とかそういう修飾子が付くことが重要なのだ。例え不二家が超絶美味だったとしても、「ああ不二家ね、知ってるよ」というケーキではダメなのだ。

ちなみに今日も不二家は暇そうでした。
---
このキャラもそろそろ昭和から卒業してもいい気がする。

---

[2012/03/15 22:28] ごはんいろいろ | トラックバック:(2) | コメント:(0) |
サバの味噌煮
魚の中ではサバ、特に文化干し、もっというと生協で売っていたものが一番好きだ。生協から文化干しが消えたときの絶望感は今でも覚えている。とうきゅうだかプラスだかで売っていた文化干しは何かが違った。それくらいサバに愛着があるのだけれど、これまでサバの味噌煮だけはダメだった。なんか見た目が不味そうなんだよね。缶詰に入ってるのがあるというのも印象悪い。僕は見た目が不味そうor汚いのは口にしない主義なので、韓国料理とか混ぜたりするもの、サバの味噌煮など、生理的に受け付けないものが多い。我が家では煮魚があまり出てこなかったのも幸いし、ほとんど食べる機会がなかったのだけれど、先日、嫁ちゃんのおばあちゃんからサバの味噌煮のおすそ分けを頂いた。こんな気味の悪いものを食べたくないと思いつつも、感想を聞かれたらまずいという恐れから、一口つまんでみたけれど、うまい!なんという美味しさ!生姜が効いて、ごはんがいくらでもいける。やはりサバは偉大だったんだ!

そんな感じで、自分でも作ってみたくなったので、栗原はるみのレシピで作成[レシピ]。「ごちそうさまがききたくて」といったレシピ本を最近買ったのだけれど、おふくろの味のような定番料理のレシピは、やっぱりおばあちゃんのレシピでないとね!という安心感があって良い。サバの味噌煮をSHIORIとかケンタロウといったような若い料理研究家のレシピで作る気にはならない。

sabamiso20120311.jpg

そんなわけで、納得のサバの味噌煮が完成。いろいろな調味料を合わせてサバを煮込むだけというお手軽レシピ。サバはもうちょっと大ぶりに切った方が、盛り付けがキレイだったかもしれない。食べやすさを重視してしまった。それにしても美味いなあ。今までの分を取り戻すために、週1で作りたい。
---

[2012/03/11 10:50] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
サプリメント
祝!錠剤飲めるようになったし!!30過ぎてやっと飲めるようになった!!実は最近、体調管理のためにサプリを飲み始めた。ダイエットを始めてから栄養が少なくなったのか、肌が荒れやすくなった気がするので、サプリで補完しようと思いついたのだ。最初はボリボリとかじっていたのだけれど、素材の味が生きすぎていて、思ったより食べずらい。で、どうせならこの機会に、錠剤を克服してみようかと思いついたのだ。そして苦節3日目。ついに錠剤を噛まずに飲み込むことに成功。この2日間、成功率66%を維持している。すげー!錠剤が飲めるだけで大人の階段を上った気分だ!!

思えば錠剤が飲めないだけで、大変な思いをしたものだ。最初に錠剤と出会ったのは小5。40度近い熱が出たために、医者から処方された解熱剤か何かを、まったく飲めなかったのを覚えている。苦しい中、台所で泣きながら飲まされ、結局飲めなくてカーちゃんがブチ切れたのを今でも覚えてる。それがトラウマで、以来ほとんど飲むことはなかった。切ったまぶたを3針縫った後に鎮痛剤としてもらった錠剤は病院で捨てた。ウイルス性腸炎にかかったときの抗生物質は帰り際に捨てた。けがが膿んで高熱が出たときは、さすがに抗生物質は捨てなかったけど、齧って食べた。入院するような病気になったときは、注射や点滴や飲み薬でなんとかならないか医者に相談して、何とかならないときは諦めて死を迎えようと高校生のころから腹を括っていた。つまり小5以来の呪縛からの解放なのだ。こんなすがすがしい経験、久しく味わっていない。わーい生きるってすばらしい!!!
---

[2012/03/01 22:04] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
米の飯
日本の中で僕ほど白米が愛している人間はいないのではないだろうか、というほどご飯が好きな人は多いと思うけれど、僕はもちろんそのうちの一人だ。オカズためにご飯があるんじゃねえんだよ、ご飯のためにオカズがいるんだという白米至上主義者。いつから白米を意識するようになったのか、はっきり覚えている。うちのか~ちゃんが、「お米くらい美味しいものを買っても罰は当たらないよね」と、パースライスかなんかから卒業したときだ。ごはんに合わないオカズだけの夕飯が出た場合、その白米に失礼な態度を改めさせるため、二度とそのオカズを出したくなくなるトラウマを植え付けてやるくらい白米をリスペクトしている。

ま、5000円くらいのタイガーの炊飯器を使ってご飯を炊いている程度のニワカなんだけどね。

こんな炊飯器でご飯を炊くなんてお百姓のみなさんに申し訳が立たないと思いながらも、なかなか新しい炊飯器を買う機会がなかったのだけれど、先日ついに好機が到来した。よく大型家電量販店で、ネット契約で3万円のクーポンプレゼントをやっているけれど、引っ越しを機に契約をし、しめしめうまく3万円クーポンを手に入れた。で、このクーポンで新しい炊飯器を買うことにした。3万円分のクーポンを手にするとなんか急にルンバとか欲しくなってしまったけど、初志貫徹、なんとか白米愛を貫き通すことができた。それにしても大金というものは、人が主義や主張を平気に覆させる力を持っていて恐ろしいものだ。

上野の電気屋さんで、象印の「極め炊き NP-NC10-TC」を購入。象印で5合くらい炊けて3万以内という条件で探した結果なのだけど、売れ筋もよいそうなので安易に決めた。まあどれを買っても、今の炊飯器よりは美味しく炊けるという安心感があって、そこまで真剣に悩まなかった。白米愛はどこにいった?と突っ込まれそうだけれど、買い物に私情は挟まないドライな性格なので。

kome.jpg

さっそく炊いたご飯を写真に収める。手前がぼけてしまい、なんかうまく炊けていないように見えてしまうが、「お米が立っている!」という安直な褒め言葉を使いたくなるぐらい、レベルが違った。ルクルーゼでお米を炊くのと似ている味わい。いままでタイガー炊飯器で無駄死にさせてしまった白米に申し訳が立たないと泣けてしまう。

---
まあでも本物の白米好きなら、これくらい台所にあってほしいね

---

[2012/02/25 21:47] ごはんいろいろ | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
| ホーム | 次のページ>>
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。