スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
ナポリタン
このブログは、カエルと料理のブログのはず。どちらかというとメインは料理だったはず。ところが最近の記事の傾向を調べてみると、ほとんど料理をしていないように見える。ほとんどカエルネタ。だって料理を作っていないから。。。料理のモチベーションの起爆剤となっていた番組「男子ごはん」も、ケンタロウが出なくなってからすっかりおもしろくなってしまった。4月から見ていない。代役で出ていた蒼井優が、このままずっと出ていればいいのに。それはともかく、7月になったので料理をそろそろ再開しようという考えが頭をよぎった次第。友達のK君も、家族円満のために週末のランチぐらい家族のために作ると息巻いていた。これは負けるわけにはいかない。

料理を作る以上はブログに載せられるものでなくてはならない。ブログに載せる以上、何か新しいor面白い料理でなくてはならない。こんなときネタ元として男子ごはんは使いやすいのだけれど、見ていないので助けにはならない。こういう場合は、自分が食べたいものを作るに限る。しかし鍋焼きうどんやドリアなど、この季節に不適切な料理ばかりで頭がいっぱいになってしまう。何かいい料理はないかと考えたが、特に思いつかなかったので、結局自分が食べたいものになってしまった。そんなわけで、ケンタロウの「小林家の絶品ナポリタン」を作ってみた。
[レシピ]

naporitan20120708.jpg

ナポリタンなんて料理はイタリアには存在しないという話は有名なので割愛。個人的にはナポリタンやミートソースは、パスタ系の中でも、乳離れできていないおこちゃま向けの料理だ。僕にとってケチャップ味の料理は、おおむねそんな印象がある。そんな理由から、僕はしばらくナポリタンを食べることはなかったのだけれど、社会人になってからコンビニのナポリタンを食べたら、感動的に美味しかったんだよね。それから再びナポリタンにハマっている。ケンタロウのレシピではハムを使うことになっていたけれど、僕はソーセージの薄切りの方が好き。

---

スポンサーサイト
[2012/07/08 22:33] ケンタロウの彼ごはん | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
豚汁問題
豚汁を「とんじる」と呼ぶか、「ぶたじる」と呼ぶかの議論は昔から繰り返されているけれど、我が家は「ぶたじる」派だ。だったと思う。なぜか最近は「ぶたじる」と「とんじる」を半々ぐらいで使ってしまい、我が家のルーツを忘れかけている。軸がぶれているということか。で、実家に帰って「ぶたじるって呼んでたっけ?」と聞いても、我が家も軸がぶれまくりなので、聞くたびに異なる回答が返ってくるだろう。Wikipediaにも頼ってみたが、北海道は「ぶたじる」と呼んでいたとあれば、一方「屯田兵の屯汁が由来」という一説を紹介していたりして、すっきりしない。まあよい、大多数派が「とんじる」と呼んでいれば、トン汁が正しいのだ(これが民主主義)。ブログ的には豚汁と書けば事が済むし、読む人にこちらの主義主張を押し付けなくて済むのでよい。

butajiru20120311.jpg

さて、読み方について問題を後回しにしたところで、次の論争に移る。豚汁には豚肉を入れるのが定番だが、イモはどうするね?ということ。サトイモか、ジャガイモか。それともサツマイモか。ケンタロウのレシピでは、サトイモを使っていた[レシピ]。我が家ではジャガイモ。今日は思いつきでトン汁を作ることにしたため、里芋の準備ができていなかったので、ジャガイモで作ることにした。ジャガイモで作るとサッパリとした感じだし馴染みがあるので好きだけれど、サトイモで作った時の芋の存在感も捨てがたい。

さて、最後にネギ。こちらは越谷ネギを使用。越谷ネギとは越谷市の隠れた名産品らしい。
negi20120311

とりあえず普通のネギと比べてみたけれど、この圧倒的な太さの違いを見て!このネギを使って調理をすると、何に入れてもネギばかり目につくようになってしまう。越谷ネギという名称はマイナーかもしれないが、越谷ネギの一部は千住にわたり、「千住ネギ」というブランドで売られていくそうだ。千住ネギなら通りがいいらしい。ネギの芯の甘い部分が多く、かなり美味しい。しかしこの甘い部分がなかなか冷めないので、油断すると口の中をやけどしてしまう。
---
炉端でこういう鍋を梁から吊るして豚汁を作りたい。
IH対応鍋、木蓋付田舎鍋 ジャンボ 鉄製 五進45cm


IH対応鍋、木蓋付田舎鍋 ジャンボ 鉄製 五進45cm

価格:126,000円(税込、送料込)


---

[2012/03/11 09:29] ケンタロウの彼ごはん | トラックバック:(1) | コメント:(0) |
ゆで豚とグラタン
ケンタロウの男子ごはんで、バレンタインで作る料理ということで紹介されていた「ゆで豚オニオンジンジャーソース」と「ポテトクリームグラタン」が美味しそうだった。久しぶりに番組を観た後すぐ作ってみた。豚肉を茹でている間に、オニオンソースとグラタンにサラダを作って、最後に盛り付けておしまいというお手軽な料理。

kenta20120225.jpg

グラタンが目立つ写真になってしまったけれど、本命はゆで豚。豚肩ロースかたまり肉を使っている。豚の角煮とかではよく三枚肉などを使い、柔らかくて煮ることができて美味しい。しかしかたまり肉は本当に肉を食らっている感がいい。オスであることを思い出すような、野性を取り戻す感じ。肉を食べるたびに思い出してる気がするけど。今の日本人に必要なのは赤身。エコとか絆とか、そういう効能があるから、とにかく食べよ赤身。
---

[2012/02/25 22:22] ケンタロウの彼ごはん | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
おでんと熱燗
嫁ちゃんの送別会だか忘年会だかで、日本酒を簡単にお燗にする道具をもらってきた。頂き物に対して失礼なことを述べるが、これは若い女性に贈る物としてチョイスする物ではないと思う。しかし会社の人にとって、これは嫁ちゃんに相応しい物と思って用意したのだろう。そして、嫁ちゃんにとってかなり適切なプレゼントであることについて異論を挟むことができない。こういう形で嫁ちゃんの会社での立ち位置というかキャラを知ってしまうとは思いもよらなかった。扱いがまるっきり酒キャラではないか…。

atukan1_20111224.jpg

atukan20111224.jpg

寒い冬には熱燗、そしておでんだよね。というわけで、ケンタロウの男子ごはんのレシピで、おでんを作ろうと思いたった。しかしかなり面倒なので、おでんの具はスーパーで買ったものを使用。昆布と煮干し、鰹節で出汁を取る参考にしただけ。コンビニ並みに美味しくできた。ファミマは越えたと思う。

oden20111224.jpg

おでんは酒を飲むようになってから美味しく思うようになった。実家では、おでんをおかずにご飯を食べていたけれど、この組み合わせは全く合わない。おでんに入っているジャガイモと大根、茹で玉子をおかずにして、ごはんを食べていた。お米好きにはかなりの拷問。江戸時代の農家かよ…。おでんは夕飯で唯一、出てきてほしくない料理だった。しかしお酒を飲むようになって評価は一転。「練り物、美味すぎワロタ」となる。
---
形から入る人はこちらから。


---

[2011/12/24 18:01] ケンタロウの彼ごはん | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
鮭とじゃがいものグラタン
今朝はクリームシチューの気分だったけれど、
突然グラタンを食べたくなった。
ケンタロウの鮭とジャガイモのグラタン。[レシピ]
鮭というのが、なんとなく冬っぽくていい!

グラタンはもともと、おこげの部分をこそげ落とす意味らしい。
おこげが意外と美味しかったから、わざわざ焦がすレシピになったんだって。

sakegura20111130.jpg

味はそこそこしっかりしていて美味しかった。
でもソースが緩くてびちゃびちゃ。
とろみがつくまでの煮込みが弱かったのかな。

---

[2011/11/30 22:11] ケンタロウの彼ごはん | トラックバック:(0) | コメント:(2) |
豚とキノコのストロガノフ
ケンタロウの男子ごはんで紹介されていた、
豚とキノコのストロガノフです。[レシピ]

sutorognaof20111030.jpg

ストロガノフ。
名前の響きからして、悪役ロシア人ですよね。
まさにその通りで、ロシアのストロガノフ伯爵の料理だそうです。[wiki]
どうせザンギエフみたいな顔をしてるんだろ、と思いきや



なんたるイケメン。
まぁロシア人の美貌なんて若いうちだけなんだけどさー。
---

[2011/10/30 22:37] ケンタロウの彼ごはん | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
親子丼リベンジ
ついに親子丼をリベンジする日が来ました。

前回はケンなんたらの「決定版絶品おかず」という
名前倒れもいいレシピで作った親子丼。
今回はケンタロウの「男子ごはん」の方の親子丼です。[レシピ]

前者は、めんつゆで鶏肉を煮込むという作り方で、
火を使い慣れてきた部族でも思いつくような料理でしたが、
後者は↓こんな調理方法なので、「文化」を感じます。

(タレ)
a 水・・・1/2カップ
  しょうゆ、みりん・・・大さじ1.5
  砂糖・・・大さじ1/2
  赤味噌・・・小さじ1

oyako20111028.jpg

やっぱ本物の料理研究家のレシピは違うねー。
なんたってブロイラーが比内鶏に進化しちゃうんだから!

しかし親子丼ってネーミングがいいよね。
説明しなくてもわかると思うけど、親=ニワトリ 子=卵。
お肉を卵でとじるっていう料理は自然発生しそうな気もするけど、
これに親子丼と名付けた人は、思いついたときは有頂天だっただろうね。
で、まわりも「すげー!」みたいな盛り上がりをみせたり。

調理人A
すげー!お前、見た目よりもかしこいな!!
いやー、こんなピッタリな名前、なかなか思い浮かばないよ!
俺は牛肉で親子丼を作ってみるよ!!!

みたいな感じで、何がどうピッタリな名前なのかをよく理解できない程度の
おつむの弱い奴が、牛丼を作り始めるの。
で、おつむが弱いから、毎晩のように強盗に現金を脅し取られるの。
---

[2011/10/28 22:40] ケンタロウの彼ごはん | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
親子丼
今日は嫁ちゃんが用事で帰りが遅いので、独身デーです。
さっさと仕事を片付けて帰宅し、軽く10㎞を走った後、夕飯の準備。
いつもの独身デーでは、面倒ならコンビニでお弁当を買ってきたり、
レトルトのカレーで済ませてしまうのですが、
今晩はなんとなーく、ケンタロウの親子丼。[レシピ]

が!!!!!!
同じケンタロウでも、「絶品おかず」の方のレシピでは、
めんつゆで鶏肉を煮るだけという手抜きレシピを紹介しているので注意!!!
今日は知らず知らず、その手抜きレシピで作りました。
食べてみて、なんかいつも嫁ちゃんが作るのと味が違うなーと思ったら、
まさか同じケンタロウの親子丼でも、本によってレシピが違うとは。

oyakodon20111025.jpg

ニワトリが先?
タマゴが先?
それとも、わ・た・し?

みたいな気軽なノリで親子丼は作るべき。
---

[2011/10/25 21:57] ケンタロウの彼ごはん | トラックバック:(0) | コメント:(2) |
シュウマイ&生春巻き
サッカーのキリンチャレンジカップで、日本vsベトナムがやっていますね。
それとは関係なく、今日の夕飯は生春巻きです。
生春巻きはベトナムの代表的な料理です。
僕はつい先日、北千住の丸井に入っているベトナム料理屋さんのフォーハノイで、
生まれて初めて生春巻きを食べました。
フォーハノイは、丸井のレストランフロアの他の店舗に比べると、
いまいちパッとしない表向きですが、味は美味しいです。

ケンタロウの男子ごはんでも生春巻きを作っていたので、
張り切って作ってみました。[レシピ]

harumaki20111007.jpg

エビときゅうりとニンジン、大葉をライスペーパーで巻いて、
市販のスイートチリソースで食べるという簡単な話。
しかし、うーん、なんか蒸したエビが生臭い。
そのまま口にするのが心配になるくらい。食べたけど。
殻つきをボイルしただけなんだけどな。

そしてライスペーパーで巻くのが難しい!
濡らし過ぎるとベトベトになって周りとくっついて、
無理に剥がすと破けてしまう。
濡れていないと、パリっと割れてしまう。
頑張って作ったけれど、形はグダグダ・・・。

味はそこそこ美味しかったのだけれど、
どうしてもエビの生臭いのが気になってしまう。
これはもう2度と作ることはあるまい・・・。

shumai20111007.jpg

もう一個はシュウマイ。
これもケンタロウのレシピ。[レシピ]
餃子は作ったことがあるけれど、シュウマイは初挑戦。
でもイメージしていたよりも作り方は簡単。
挽肉とタマネギのみじん切りと調味料を混ぜて、
皮で包んで蒸しておしまい。
グリーンピースを乗せれば、見た目は崎陽軒を超えている!
挽肉300gで大量に作れました。
そして美味しい!これはまさに崎陽軒の味!!(たぶん)


---

[2011/10/07 22:08] ケンタロウの彼ごはん | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
和風きのこハンバーグ
ついにシルバーウィークが終わってしまいますね。
僕は最初の三連休は仕事で潰れてしまいましたが、
最後の三連休はゆっくりすることができました。
自由が丘のカエルグッズ専門店「FROGS」に行ったり、
大塚家具や目黒でインテリアを眺めたり。
10月末には引っ越す予定で、新しいダイニングテーブルを探しているのですが、
なかなかコレ!というものが見つかりません。

休日たっぷりと時間があると、料理を作ってみようという気になってくるもので。
先週の男子ごはんで放送していた和風ハンバーグをさっそく作ってみました[レシピ]

hanba-gu20110925.jpg

バカみたいに分厚いハンバーグですが、きちんと中まで火が通っています。
ケンタロウのハンバーグは、お肉に焦げ目をつけてから水に浸して蒸すので、
火のとおりに失敗することが少ないそうです。
そんなことを試したくて、真ん丸なハンバーグを作ったわけではないですが…。
---

[2011/09/25 20:21] ケンタロウの彼ごはん | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
| ホーム | 次のページ>>
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。