スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
沖縄に行ってきました
先日、ついに初めて沖縄に行ってきた。どこか遠くに行きたいけれど海外に行くほどではないという中途半端な気持ちにぴったりだったので。いやーいいね沖縄。仕事がないとか、地政学的に抱えてしまった問題とかいろいろあるけれど、沖縄で生活できるのはそれだけでうらやましい。暖かいし飯は美味いし、海はきれいだし。観光客が山のように来るわけだから、その辺をうまくちょろまかして儲ける仕組みを考えて、だましだまし生活できないかな、と思ってしまう。

DSC_9134.jpg


旅行の目玉、ジンベエザメを見るために美ら海水族館まで行ってきた。ここでは1つの水槽に3匹のジンベエザメが優雅に泳いでいる。過去に八景島シーパラダイスでジンベエザメを見たことがあったのだけれど、それとは大きさが全く違う!倍くらい違う!よくもまあオキアミのような小さな小エビだけでここまで大きくなるもんだ。

DSC_9080.jpg

この日は運が良く、ジンベエザメのエサやりの様子を観察することができた。ダーウィンなどでジンベエザメは立ち泳ぎをしながら食べることは知っていたのだけれど、その様子を間近に観ることができて感動した。ジンベエザメは立ち泳ぎになることで、海面に集まったオキアミを泳ぐことなく、一網打尽に吸い込むことができる。吸い込んだオキアミが鰓で濾し取られ、残りかすが鰓から吐き出される様子が見て取れた。

DSC_9107.jpg

いちおう最後にカエルネタ。これまでカエルグッズはいろいろ買ってきたけれど、このようなカエル財布にはさすがに購買意欲が薄れてしまった。いや、ネタ的にちょっと買って帰ろうかと思ったのだけれど、2000円弱もするし。酔った勢いでも買えなかった。やはり使っていくうちに味のある色味が出てきたりするのかなぁ。

DSC_8905.jpg

---

スポンサーサイト
[2013/04/20 22:29] いきものわいわい | トラックバック:(0) | コメント:(2) |
今年のバラの様子
おひさしぶり。ブログ復活を宣言しておきながら、身の回りのいろいろな変化に対応しているうちに、いつのまにやらすっかり春。そんなわけなので、まずは去年から育てているバラの近況をお伝えしようかと。

我が家ではバラを3種育てている。そのうち2つが育ちざかり。玄関のそばに鉢植えのピエール・ドゥ・ロンサールという白ピンクのバラ、庭にはアンジェラという濃いピンクのバラで、リンク先はそれぞれ去年の10月ごろの様子だ。つるバラなので、寒くなるころにフェンスなどに茎を誘因した様子をブログに残していた。

そして下の写真が今年の春、冬にいちど葉が落ちた後、やっと芽が伸び始めた。

まずはピエール:去年はアーチに茎を這わせていたけれど、今年は手前のフェンスにも這わせてみた。ここをバラ一面にするのに、あと3年くらいはかかるのだろうか。


こっちはアンジェラ:フェンスいっぱいに葉が広がった・


まだ小さいけれど、花芽もついている。



やっと1年間の我慢が報われて、大きく育って咲いてくれようとしている。みずみずしい若葉の緑は目に染みる!バラはイメージ的に育てるのは難しそうといわれるけれど、ほかの観葉植物とあまり変わりがない。我が家のピエールは鉢植え・AMしか日光が当たらない・冬は寒いと過酷な環境であっても、それらを物ともせずに大きく育った。夏場に毎朝水を上げるのと、月に何度か殺虫スプレーをかけるぐらいの手間でこんなに育つのだから、僕からしたらサボテンよりも育てやすい。

もしベランダに小さなスペースが空いているなら、バラ栽培に挑戦してみてはどうでしょうか。
---

[2013/04/07 15:09] いきものわいわい | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
やはり犬はかわいい
新春そら祭り!!嫁ちゃんの実家のマメ柴「そら」の写真を撮ってきたので、中でも出来の良かった写真を大放出する。我ながらうまく撮れてると自画自賛してしまう。なぜこんなにいい写真が撮れるのか。被写体のそらが良いのは確かだけれど、やはり一眼レフで撮れる写真はすごい。ニコン万歳!D5000万歳!!

sora20120207_01.jpg

そら。マメ柴のメス。こうしてみると良い体型なのだけれど、実は体重10㎏超というデブちゃん。普通の柴犬と同じような体重になってしまっている。なぜ太るのか・・・?そのわけは次の写真。

sora20120207_02.jpg

写真を見てのとおり、とにかく食いしん坊。最近はリンゴが大好きで、コタツの上にリンゴが無くなるまで、リンゴを追ってコタツの周りをぐるぐる回る。僕や嫁ちゃんはほとんどオヤツをあげるようなことはしないのだけれど、それでもあきらめずに上目づかい。気持ちが揺らぐ。

sora20120207_03.jpg

しかしこうして客観的に見ると、やはり太っている。散歩も嫌いだしね。外でトイレを済ませた後、横綱級の力強さで家に帰ろうとするのだけれど、近くの川の土手まで連れて行ってあげる。軽く一時間程度の散歩。フェイントをかけて家に戻ろうとするなど、なかなか賢くなってきている。

sora20120207_04.jpg

柴犬と芝生の相性はバツグンだ。この土手でいろいろな犬を見かけたけれど、そらが一番かわいい。

sora20120207_05.jpg

普段よりちょっと散歩が長かったためか、17時過ぎにはウトウトしていた。
---
この犬ならマンションでも飼えます。
狛犬ペア【1】


狛犬ペア【1】

価格:294,000円(税込、送料別)


---

[2012/02/07 22:48] いきものわいわい | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
ナイトズーラシアに行ってきました
夏だけのイベント、ナイトズーラシアに行ってきました。
夏休みの土日は閉演時間が21時まで延び、夜の動物の行動を観察できます。
夜行性の動物はそもそも夜になるだけで活発になるのと、
餌やりと涼しくなる時間が重なるおかげで、昼間の動物園より面白い動物もいます。
しかし園内は激混み!
7月の下旬と8月上旬はまだ空いている方と聞いていたのですが、
夜のせいでよくわからないテンションになった子供がわんさか集まるせいで、
ゆっくり動物を見学するのは難しいです。
逆に15時くらいから入園すると、ほとんど人気がありません。
動物を観るならこの時間帯がおすすめ。暑いけど、日陰多いし。
僕たちは15時に入園し、空いている時間帯に動物見学を済ませました。
ラッキーなことにこの時間帯はちょうど餌やりだったおかげで、
動物の動きが普段より活発でした。夏なのに!
動物園の奥にあるオカピーとチンパンジーを見学した後、
また入り口の象まで戻って、がっつり夜間見学です。

300枚近く写真を撮ったのですが、なんとか観れるものだけ載せました。

tori20110807.jpg

カンムリシロムクです。この写真はナイトズーラシアの時間帯に撮りました。
個人的にズーラシアの鳥といえば、カンムリシロムクというイメージ。
今では世界に40羽しか存在しない希少種とは知りませんでした。
ゲージに侵入したスズメを追い掛け回していました。
しかし多勢に無勢、スズメにいいように遊ばれています。希少種の悲哀。

tora20110807.jpg

スマトラトラです。この写真は日中の様子。
足元にある骨は餌です。
人がうるさかったのか、大事そうに敷地の奥まで骨を運び、こっちを睨んでいます。
この虎はいつも人目の付きにくい場所にひそんで寝ていることが多いです。

sirokuma20110807.jpg

シロクマ。日中の写真。
夏のシロクマなんて、雪山で死にそうになっているイメージが強いですが、
この日はちょうど餌やりの時間帯だったため、元気いっぱい。
この写真はちょうど飼育員がエサやり場に来て、嬉しそうに近づく様子です。
飼育員は水辺に小魚を投げ込むのですが、それにはまったく見向きもしません。
骨付き肉を投げ込むと、それは大事なのか、すぐに潜って確保。
でも拾った骨を食べずに、じっと飼育員の様子を熱い視線で見つめます。
シロクマは最後にリンゴが投げ込まれるのを知っていて、それが一番の楽しみだそうです。
でも今日はナイトズーラシアなので閉演時間が延びるので、
リンゴは夜のおやつに回されるのでお預け。
飼育員がエサ場から離れても、じっと待ってる様子が可愛すぎ。

kangaruoo20110807.jpg

アカカンガルーのケンカです。
テレビでよく見るような、足を使ったケンカを始めてしまいました。
わざわざ人目のつくところまで近づいてきてケンカを始めたので、
もしかしたらブックかもしれません。

hukurou20110807.jpg

某映画で有名になったシロフクロウ
普段は笑っているような寝た顔が可愛いのですが、
ちょうど餌やりの時間帯だったのでギラギラしていました。
口にくわえているのは飼育員が与えたネズミです。
まるまる一匹を一息で飲み込んでしまいます。

zou20110807.jpg

インドゾウ。いまではアジアゾウと呼ぶのが一般的みたい。
これは夜間帯に撮りました。
なぜか鼻の付け根とかがピンク色のが1匹います。
ピンクの象が見える!といつも思ってしまう。

yamaneko20110807.jpg

イリオモテヤマネコ?。
ゲージのはじっこをうろうろしてます。
ネコ科の動物はこの手の動きをするのが多いですよね。または寝ているか。
ウンピョウや、アムールヒョウもそんな感じでした。
今回はいい写真が撮れなかったので、載せていませんが。

あれ?花形のオカピーの写真は!?
残念ながら涼しい室内に連れ込まれていたため、写真を撮るにはイマイチでした。
相変わらずかわいいお尻をしていましたが。。。

---

[2011/08/07 08:59] いきものわいわい | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
なまけもの
突然ですがここでダーウィンニュース!!!
というわけで、我が家ではNHK日曜19:30から放送されている
ダーウィンが来た 生き物新伝説をかかさず観てます。
そこでナマケモノの話があったのですけど、
かなり興味深かったのでまとめます。

ナマケモノ。英語でも同じような名前。
木の枝を掴まず、かぎ状の爪でぶら下がる。カロリーいらない。
1mを10秒かけて動く。体の動きが遅いのは、カロリーの消費を抑えるため。
恒温動物は体温を維持するためにカロリーを消費するので、変温動物。
変温動物のため、体が温まるまで寝る。
1日中寝ている。カロリーを使わない。
カロリーを使わないので、1日4枚の葉っぱしか必要ない。
首が270度まわるので、カロリーを使わずに周りのエサを食べることができる。
トイレは1週間に1度。カロリーを使わないから。
体の動きが遅すぎて、毛皮に苔が生える。それがカモフラージュになる。
カロリーを使わないために毛づくろいをしないから、苔が生える。
ケンカをしない。カロリーを使わないですむから。
動きが遅すぎて、天敵のジャガーも見落とす。

すごい徹底ぶり・・・あこがれる!
---

---

[2011/06/16 22:42] いきものわいわい | トラックバック:(0) | コメント:(2) |
町田のリス園に行ってきた
今日は天気が良いのですが予定が何も入っていなかったので、
嫁ちゃんと町田のリス園に行ってきました。[URL]
町田から5㎞弱。バスで行けばすぐの場所にあります。
せっかくだから、町田に住んでいるうちに一度は行ってみようと
思っていた施設でした。
僕らの場合は自転車で行ける距離なので、暑くなる前にでも、と。

リス園は障がい者の社会生活をサポートしているところでもあります。
小学校の校庭程度の、それほど大きくはない広さの敷地です。
入園料は大人400円、子供200円。子連ればかりでした。
大人のデートコースは隣の薬師池公園です。

risuenniriguchi20110521.jpg


リス園では、カメ・モルモット・うさぎなどの小動物が展示されています。
モルモットやうさぎは触ったりもできるので、子供に人気の場所です。
ですが、やはりタイワンリスの放し飼いスペースが最大の見どころ!
こんな感じで、200匹以上のリスが群がっています。

ujauja20110521.jpg


なかでも、早朝のリスはお腹を空かせており興奮状態です。
リス園ではリスにエサをあげることができるため、
リスの方から入場者に近づいてきます。
ちょっと目を合わせて、エサをあげるそぶりをするだけで、
すごい勢いで駆け寄ってきました。

aruku20110521.jpg


エサとなるヒマワリの種は100円。
エサを持っているとわかると、リスたちは黙っていません。
最初は足元でかわいい目をしてこちらを見上げていますが、
突っ立っていると、ご覧のように体をよじ登ってきます。
けっこう大きくて、ビビります。

karada20110521.jpg


どこにエサがあるのか知っているリスもいます。
こいつらは、人があげるエサよりも、エサ袋を狙います。
リスの爪はけっこうするどく、腕につかまられるとチクチクします。
あとから腕の傷跡をみるとびっくりするほど!

kashikoi20110521.jpg


でもこんな興奮状態も一時のことです。
朝一の入場者はそれなりに多く、リスたちもある程度お腹がいっぱいになると、
もう人間の相手をしてくれません。
お昼寝タイムです。
もしリスに囲まれたいというのであれば、朝一に入園すると良いです。

muchu20110521.jpg



---

[2011/05/21 14:58] いきものわいわい | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
ど根性ツツジ@町田
なかなか紹介する機会がなかったのですが、
これが町田名物「ど根性ツツジ」です。
以前NHKでも紹介されたことがあるほど!

dokonjo20110519.jpg

高さはだいたい2m以上!とても大きいです。
花の付き方も、他のとは勢いが違って、花束のようです。

これはど根性業界でもこの季節、必ずといっていいほど話題になります。

※ど根性業界:ど根性カエルとか大根とかの性根を評する業界

僕は根性がないので、詳しい場所は知らないものの、
町田にど根性ツツジがあるらしいという程度には知っていました。
GWの散歩中、「あれ?変な位置に花が咲いているなー」と近づいてみたところ、
このど根性ツツジに偶然巡り合いました!

場所はというと、三宅歯科クリニックのそばです[場所]

なんと町田の界隈にはもう一か所ど根性ツツジがあるようです。
これはまだ未発見なのですが、どうもこのそばらしい・・・。
---

---

[2011/05/19 21:31] いきものわいわい | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
秘蔵のそら写真
どうも三青日月の百言を重ねたエントリよりも、
マメ柴のそらの写真の方がアクセスが稼げるようなので、
僕の秘蔵のそらの写真をうpします。
ちょっと大きいサイズだから、壁紙にするといいよ!!!:-)

sora.jpg

僕が飼っているわけではないので、そらの詳しいことは
嫁ちゃんに確認をとらないとわからないのだけれど、
知っている範囲で、そらのプロフィールを書きます。

名前:そら
種類:マメ柴。豆柴。
性別:メス(去勢済み)
年齢:5歳くらい
体長:マメ柴らしい大きさ。
体重:10㎏以上
性格:温厚
環境:室内犬

・無駄吠えしない。遊んでいて興奮しまくると、吠えるときがある。
・噛まない。遊んでいて興奮したために間違えて噛んでしまうと、
 噛んだ自分に驚いてハッとするらしい。
・食べることが好き。お手をすればご褒美がもらえると思っているので、
 何もエサをあげるつもりがないのに、勝手にお手をしようとする。
・水は苦手。牛乳の水割りを好んで飲む。
・新鮮な鶏肉のささみが好き。
・散歩が嫌い。リードを持ってくると、逃げる。
・外出はウンチをするため。ウンチしたら帰る。
・散歩中に犬を見かけると、別の道に行こうとする。
・ボールを投げても取りに行かない。エサがもらえるときは別。
・僕の顔を見ると、お尻を突き出す。「お撫でなさい」という顔をする。
・初対面でも、おなかをさらけ出して「お撫でなさい」という顔をする。
・おばあちゃんが言うには、「今日は嫁ちゃんが遊びにくるよー」というと、
 玄関前でそわそわするらしい。
---
下のランキングを1日1回定期的にクリックしてもらえれば、
小出しにしているそらの写真を放出します:-)
---

[2011/04/14 23:02] いきものわいわい | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
春のそら祭り!!
春・・・ですねぇ・・・。
DSC_2907.jpg

春のそら祭り、開宴です!!!
マメ柴ですが10㎏を肥える超える、そらです。
散歩が嫌いで食べるのが大好き!
1枚1枚、コメントを付けようかと思いましたが、
写真以外に、何も言葉はいらないでしょう。
---
01)
DSC_2925.jpg

---
02)
DSC_2932.jpg

---
03)
DSC_2934.jpg

---
04)
DSC_2938.jpg

---
05)
DSC_2949.jpg

---
06)
DSC_2954.jpg

---
07)
DSC_2955.jpg

---
08)
DSC_2969.jpg

---
09)
DSC_2984.jpg

---
10)
DSC_2988.jpg

---
11)
DSC_2991.jpg

---
12)
DSC_3000.jpg

---
13)
DSC_3017.jpg

---
14)
DSC_3026.jpg

---
15)
DSC_3057.jpg

---
---

[2011/04/10 23:10] いきものわいわい | トラックバック:(0) | コメント:(0) |
そら祭り
嫁ちゃんの実家のマメ芝。
名前は「そら」です。

最近、食事中におこぼれをもらっているようで、
ちょっと(かなり?)太り気味。
義実家に遊びに行くときは、必ずちょっと長めに
散歩に連れて行きます。

sora3.jpg


これはその散歩の途中で撮った1枚。
某所の川の土手で、新東京タワーと一緒に撮れました。
スカイツリーの高さはいつの間にか600mを超えたんですね。

ちなみに、そらは大の散歩嫌い。
室内犬なので、散歩中にトイレに行くことが多いのですが、
トイレが済んだら、すぐに家に帰ろうとします。
このときの力強さは、横綱級!
---

[2011/03/10 09:01] いきものわいわい | トラックバック:(0) | コメント:(1) |
| ホーム | 次のページ>>
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。